#119 「エアコン/クーラー」は本当に和製英語?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第119回は「エアコン/クーラー」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

fizkes / Shutterstock.com

↑「Turn on the air con, please...」(あれ?「エアコン」は和製英語だと思ってましたが...)


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「エアコン」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「エアコン」
インターネット上の主な英語訳
1. AC, A/C
2. air con
3. air(-)conditioner
4. air(-)conditioning
5. thermostat
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
CUERBO(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
独学で使える英語・通じる英語をマスターしよう!
英語ぷらす
英辞郎 on the WEB(辞書)
英会話カフェ
英トピ
フラミンゴ英会話ブログ
goo(辞書)
Glosbe(辞書)

Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
naho-englishのブログ
Reverso Context(辞書)
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「エアコン 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、主に5つの訳語が見つかりました。これらはすべて「エアコン」の正しい英語なのでしょうか? また、air(-)conditioner と air(-)conditioning(以降ではハイフンを省略)の違いは一体何でしょうか?

以下では、省略形の air con の正しい使い方も含め、和製英語と誤解してしまう人も多い「エアコン/クーラー」の英語について分かりやすく説明します。

広告

Air Conditioning/Conditioner は「エアコン」ではなく「冷房/クーラー」?

まず、air conditioning は「空調 (=空気調節)」、air conditioner は「空調機器」の意味で使うのが正しい言葉のはずですが、air conditioning は少なくともアメリカでは「冷房」、air conditioner は「クーラー」を意味するのが普通です。一方、「暖房」の英語は heating で、「ヒーター」は英語でも heater です。

建物のどこかに暖房機器を設置して各部屋に暖気を送るシステムは central heating (セントラルヒーティング (=集中暖房))、冷房が可能なシステムは central air conditioning (セントラル空調) と呼ばれており、換気もできるシステムということを明確にした専門的な言葉として heating (暖房)、ventilation (換気)、air conditioning (冷房) の頭文字を合わせた HVAC があります(発音は「エイチヴァック」)。

John Royal / Shutterstock.com

↑これはHVACシステムの屋外機。冷房ができるためクーラーを別途買わなくていい。

今回見つかった主な訳語にも含まれている thermostat (サーモスタット) は、温水器や冷蔵庫などにも搭載されている温度自動調節器のことです。冷暖房システムの場合は建物内の温度が設定温度に保たれるよう自動調節するもので、例えば設定温度を上げることを "turn up the thermostat" と表現できます。

Dan LeFebvre / Unsplash.com

↑壁に取り付けられた thermostat。この写真では華氏63度(摂氏約17度)まで温度を上げるよう設定されている。

「(暖房機能付きの) エアコン」や「冷風扇」は英語で何と言う?

さて、冷暖房システムのあるホテルやオフィスと違い、暖房システムや暖炉しかない多くの家庭では夏が暑い場合は冷房機器を買って設置することになります(イギリスの場合は窓を開ければ暑さをしのげることが多いため、そのような機器を設置する家庭は一部に限られています)。これらは先ほどのセントラル空調システムと違って部屋の中に個別に取り付けたり置くもので、主に次のようなタイプがあります。

1. "air conditioner" と呼ばれるタイプの冷房機器
- mini-split air conditioner: 室内機と室外機に分かれたエアコン。「セパレート型エアコン」または英語とほぼ同じ「スプリット型エアコン」と呼ばれる。日本の家庭で最も一般的なタイプ。
- wall mounted air conditioner: 壁掛け型エアコン。セパレート型エアコンの室内機に使える表現。
- ceiling cassette air conditioner: 天井埋め込みカセット型エアコン。オフィスビルに多いタイプ。
- window air conditioner: 窓用エアコン。
- portable air conditioner: 移動式エアコン(スポットエアコン/スポットクーラー/冷風機)。
2. "cooler" と呼ばれるタイプの冷房機器
※冷房機器を「クーラー」と呼ぶのは和製英語と説明しているウェブサイトもありますが、このように cooler と呼ばれるタイプの冷房機器もあります。
- evaporative cooler: 日本で「冷風扇」と呼ばれる床置形のクーラー(普通はキャスター付きで移動可能)。移動式エアコンの portable air conditioner と違い、本体内の容器に入れた水を蒸発させて(大気中の気化熱を奪って)冷気を出す。別名 swamp cooler

アメリカやイギリスの1のタイプにも暖房機能付きの機種はあるものの、割合としては少なかったり機能があっても冬は備え付けの暖房システムを使うほうが暖かいからか、air conditioner という言葉は (少なくともアメリカでは)「クーラー」と解釈されるのが普通です。そのため、暖房もできることを明確にしたい場合は air conditioner with (electric) heater と表現するか、heat pump という言葉が相手によっては通じます。

ただ、例えば機器の電源を入れてほしい場合は夏であれば "turn on the air conditioner"(evaporative cooler の場合は "turn on the cooler")、冬であれば "turn on the heater" とシンプルに表現できます(同じ機器でもこのように夏と冬で呼び名が変わります)。冬にエアコンの暖房をつけてほしくて "Can you turn on the air conditioner?" と表現すると、冬なのにクーラーをつけてほしいのかと驚かれるでしょう。

yangtak / Shutterstock.com

↑日本で「冷風扇」と呼ばれる evaporative cooler(別名 swamp cooler)。

Air Conditioner/Air Conditioning と Heater/Heating の使い分け

では、次は例文を使って冷暖房の表現を見ていきたいと思います。注意点として、ここでは air conditioner に「空調機器/エアコン」ではなく「冷房機器/クーラー」、air conditioning には「空調」ではなく「冷房」という言葉を使います(少なくともアメリカではそう解釈されるのが普通のため)。また、ここでの「冷房機器/クーラー」は air conditioner のことであり、evaporative cooler のことではありません。

1a. Does the room have an air conditioner?(その部屋にクーラーはありますか?)
1b. Does the room have air conditioning?(その部屋に冷房(できるシステム)はありますか?)
1c. Does the room have a heater?(その部屋にヒーターはありますか?)
1d. Does the room have heating?(その部屋に暖房(できるシステム)はありますか?)

1aと1cはそれぞれクーラーとヒーターが部屋にあるかを尋ねており、あるとしても普通は1台のため an となっています(one にすると「その部屋に1台ありますか?」という不自然な質問になってしまいます)。

一方、1bと1dは室内に機器があろうが別の場所に設置された機器から冷気/暖気が送られてこようが、その部屋全体を冷やす/暖めることができるかを尋ねています。そして air conditioning は「室温を下げること (=冷房)」、heating は「室温を上げること (=暖房)」という数えられない概念のため an が付けられません。

この air conditioningheating は可算名詞 (数えられる名詞) の system を使った air conditioning system (冷房システム) と heating system (暖房システム) の略とも考えられますが、それでも不可算名詞 (数えられない名詞) として使われています。

2a. Could you turn on the air conditioner?(クーラーの電源を入れてもらえますか?)
2b. Could you turn on the air conditioning?(冷房をつけてもらえますか?)
2c. Could you turn on the heater?(ヒーターの電源を入れてもらえますか?)
2d. Could you turn on the heating?(暖房をつけてもらえますか?)
※冷房はシンプルに "turn on the air"、暖房は "turn on the heat" と表現されることもあります。
※turn ではなく switch や put が使われることや、語順が "{動詞} the {名詞} on" と表現されることもあります。

2a/2cは部屋に「1台」と数えられる機器がある場合、2b/2dは機器やシステムに関係なく部屋全体の冷房/暖房ができる場合に使えます。例えば、部屋全体を暖められる暖房機器の場合は2cと2dのどちらの尋ね方もできますが、小型電気ストーブなどその周囲しか暖められない機器の場合は2cの尋ね方が適切です(ただし2a/2cは室外にあるセントラル空調/セントラルヒーティングの機器の電源を入れる意味にもなり得ます)。

なお、「房」という漢字は「(小)部屋」を意味するため、部屋全体を暖める/冷やすことができない機器に「暖房/冷房」という言葉を使うのは本当は正しくないと思いますが、「加熱/冷却」のように表現すると違和感があるため小型電気ストーブのような器具でも無意識に「暖房器具」と表現してしまうのだと思います。

車の場合は単純な手動温度調節しかできなかった冷暖房システムに代わり、近年ではコンピューターが温度などを自動調節する climate control (クライメートコントロール) というシステムが普及しています。どちらの場合も機器/装置は車内から見えないため、2b/2dの尋ね方のほうが適切と言えます。

Jan Vasek / JESHOOTS.com

↑セントラル空調と同じくカーエアコンも利用者からは機器/装置が形として見えない(見えるのは吹き出し口だけ)。

「エアコン (Air Con)」は英語圏では通じない和製英語?

さて、次はエアコンの略語についてです。「エアコン」という日本語は air conditioner/-ing を略した言葉ですが、6つの英語学習サイトでこの略し方について「英語圏/海外では通じません!」「”air con”とは言わない」「実は日本語英語なんです/立派な和製英語」などのコメントが見られました。これは本当でしょうか?

実は、air con (ハイフン入り含む) はイギリスで air conditioning の略として使われる立派なネイティブ英語です。air conditioner の略としては普通使われませんが、それは冷房機器のある家庭が一般的ではなく air conditioner という言葉を使うこと自体が少ないからかもしれません。A/C や AC も例えばカーエアコンのボタンなどに使われますが、alternating current (交流電流) の略としてしか使わないと言う人もいます。

Dom J / Shutterstock.com

↑ロンドンにある車の点検・修理をするお店。右上の "Air Con" はカーエアコンの充電ができることを意味している。

一方、アメリカでは A/CAC と略しますが、air conditioner ではなく air conditioning の略としてしか使わないと言う人、その逆だと言う人、そしてどちらの略としても使うと言う人に分かれます。

エアコンの購入、設置、起動などを表現する際の注意点

最後は、今説明した略語も含めたエアコンの購入・設置・起動の例文です。ここでも air conditioner は「空調機器/エアコン」ではなく「冷房機器/クーラー」、air conditioning は「空調」ではなく「冷房」と表現します。また、「冷房機器/クーラー」は evaporative cooler ではなく air conditioner のことです。

クーラーを買いました。
3a. I bought an air conditioner.(〇)※室外機と室内機に分かれていても1台と見なせる。
3b. I bought air conditioning.(×)
3c. I bought an AC.(△)※AC は air conditioning の略としてしか使わないと言う人もいる。
3d. I bought an air con.(×)※イギリスでも air conditioner を air con とは普通略さない。

当ブログはアメリカ英語とイギリス英語に限定しているため確かなことは言えませんが、フィリピン、シンガポール、香港などでは air conditioning だけでなく air conditioner の略としても air con や1語につなげた aircon を使うようです。つまり、これらの国/地域では3dが普通に使えるでしょう。

クーラー/冷房を設置してもらいました。
4a. I had an air conditioner installed.(〇)※室外機と室内機に分かれていても1台と見なせる。
4b. I had air conditioning installed.(〇)
4c. I had (an) AC installed.(〇)※4aまたは4bと同じ意味。
4d. I had (an) air con installed.(イギリスでは〇)※ただし an なしの場合のみ(=4bの意味)。

4aは冷房機器を設置、4bは冷房システムを(配管工事や機器の設置により)構築してもらったという意味です。修理/復旧してもらった場合は installed を repaired に変えます。

クーラー/冷房をつけました。
5a. I turned on the air conditioner.(〇)※クーラーの電源を入れたという意味。
5b. I turned on the air conditioning.(〇)※冷房をつけたという意味。
5c. I turned on the AC.(〇)※5aまたは5bと同じ意味。
5d. I turned on the air con.(イギリスでは〇)※5aではなく5bの意味。

5dを見るとイギリスでは air conditioner も air con と略せるように思えてしまいますが、先ほど書いたとおり彼らが使う air con という言葉は air conditioning の略なのです(少なくとも今のところは)。なお、冷房を止めた場合は "turned off"、強めた/弱めた場合は "turned up/down" と表現します。

今回説明した内容や例文から、冷暖房の英語表現は日本語に比べてかなり複雑で面倒なことが分かります。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? これで air conditioner と air conditioning の違いや各表現の使い方が分かりやすくなったかもしれません。

「エアコンは和製英語です」と教えてくれる英語の先生がいたら、air con や aircon という略語はイギリスなど一部の国で使われていることを逆に教えてあげましょう。