#19 「消費税」の英語は本当に consumption tax?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第19回は「消費税」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

kschneider2991 / Pixabay.com

↑上がり続ける消費税の階段。このブログを読んでいる今は何段目?


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「消費税」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「消費税」
インターネット上の主な英語訳
1. consumption tax
2. excise (duty)
3. sales tax
4. value-added tax / VAT
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
ベルリッツ
DMM英会話なんてuKnow?
英語ぷらす
EIGORIAN.NET
英語初心者の駆け込み寺
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
MYスキ英語
Reverso Context(辞書)
Spin The Earth
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「消費税 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、主に4つの訳語が見つかりました。この中で圧倒的に多かったのが consumption taxsales tax で、その次に多かったのが value-added tax / VAT です。

「消費税」の英語は確かに consumption tax なのですが、なぜ「売上税」を意味する sales tax や「付加価値税」の value-added tax (VAT) まで載っているのか疑問に思った方もいるかもしれません。

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかったこの点も含め、「消費税」の英語について分かりやすく説明します。

広告

消費税には種類がある

まず、英語版ウィキペディアの『Consumption tax』のページには『Types』というセクションがあり、そこでは4つの消費税の種類について説明されています。以下は、辞書や他のウェブサイトも参考にしてその4種類の消費税を簡単にまとめたものです。

1. value-added tax / VAT
EU諸国やアジアの一部の国で徴収されている「付加価値税」。
2. sales tax
アメリカで徴収されている「売上税」。
3. excise (tax/duty)
アメリカやイギリスなどで徴収されている「物品税」。(日本でも徴収されていた時期あり)
4. expenditure tax
インドとスリランカだけで徴収されたことがある「支出税」。

さて、このように消費税には少なくとも4つの種類がありますが、日本では現在そのうちの1つしか存在していません。日本語版ウィキペディアの『消費税』や『付加価値税』のページの説明によれば、日本の消費税は1番目の value-added tax (VAT) に分類されるとのことです。

この時点でもうお気づきでしょうか? 本来は「付加価値税」と呼ぶのが適切な税金を、日本では各種類の総称の「消費税」と呼んでしまっているのです。これが和英辞書などで「消費税」の英語に consumption tax だけでなく value-added tax (VAT)sales tax まで載ることになってしまった原因です。

Bru-nO / Pixabay.com

↑便利な税計算機能付きの電卓。免税してほしいからといって勝手に「TAX-」ボタンを押してはいけない。

なぜ「消費税」?

excise (tax/duty) と呼ばれる3番目の「物品税」は、日本では1989年に現在の「消費税」が導入されたときに廃止になっています。このとき、「付加価値税」などもっと適切な名称で導入すべき税を単に「『消費税』のほうが国民にとって分かりやすいから」などの理由で「消費税」と名付けてしまったのであれば、英語学習者や翻訳者にとっては不幸な出来事だったと言うしかありません。

物品税が復活することは絶対にないだとか、支出税や新しい種類の消費税が現在の消費税とは別に日本で導入されることが絶対にないのであれば、今の「消費税」という名称は適切なのかもしれません。

いずれにしても、日本の税制に詳しくない英語圏の人に日本の消費税を説明するときは、consumption tax ではなく VAT または value-added tax と表現するほうが理解されやすいでしょう。相手がアメリカ人の場合は sales tax と説明すればすぐに分かります。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか?「付加価値税」や「売上税」の英語がなぜ「消費税」を意味するのかという点が多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

日本の「消費税」にもっと適切な名称が付けられていれば、「消費税は英語で何と言う?」のようなコラムやブログを何人もの人が書かずに済んだことでしょう。