#28 「夕食」の英語は本当に dinner?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第28回は「夕食」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑夕食か朝食か分からない微妙な写真。私たちが毎日食べる「夕食」は英語で何と言う?


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「夕食」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「夕食」
インターネット上の英語訳
1. dinner
2. evening meal
3. evening repast
4. lunch
5. supper
6. tea
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
British英語.com
CUERBO(辞書)
英語ぷらす
英辞郎 on the WEB(辞書)
English Hacker
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
人力検索はてな
実用・現代用語和英辞典(辞書)
【Kei式】カドを立てない英会話術辞典
Linguee(辞書)
Reverso Context(辞書)
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)

※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「夕食 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

※「夕食」以外にも「夜ご飯」「晩御飯」「晩飯」などの言い方がありますが、これらはすべて同じ意味のため以下の説明では一部を除きすべて「夕食」に統一しています。

ご覧のとおり、6つの訳語が見つかりました。この中には「茶」として有名な tea も含まれています。また、なぜ「昼食」を意味するはずの lunch まで含まれているのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかった各表現の使い分けも含め、「夕食」の英語について分かりやすく説明します。

広告
広告

Tea, Evening Repast

まず、できるだけ多くの人に通じる表現を使うことをお勧めするこのブログとしては、イギリスやオーストラリアなど一部の国の人だけが「夕食」の意味で使う tea はこの時点でリストから除外したいと思います。

また、meal と同じく「食事」を意味する repast を使った evening repast という表現を載せている辞書が1つだけありましたが、普通は使わない硬い表現のためこれも除外して話を進めます。

Dinner と Supper の違い

さて、残された訳語のうち「夕食」の英語として知られる dinnersupper の違いは一体何でしょうか? 今回調べた辞書・サイトやその他の情報も参考にして簡単にまとめると次のようになります。

アメリカ: 一昔前は一日のメインの食事を supper と呼ぶ人も多かったが、今は dinner と呼ぶのが普通。そして夕食が一日のメインの食事で、高齢者や時代の流れに左右されにくい小さな町など一部の例外を除いては朝昼晩の食事をそれぞれ breakfastlunchdinner と呼ぶ。
イギリス: 一日のメインの食事を dinner と呼ぶのが普通。そして普通は夕食が一日のメインの食事で、就寝前の軽い夜食を supper と呼ぶ。昼食が一日のメインの食事の場合はそれを dinner と呼び、夕食を supper と呼ぶ人もいる。昼食を supper と呼ぶことはまずない。

このように、どちらの国でも今は一般的に夕食が一日のメインの食事でそれを dinner と呼ぶのが普通です。ただ、夕食がその日のメインの食事でも軽めであれば supper と呼ぶ人がどちらの国にもいるようなので、その場合は相手に合わせて同じ表現を使えばいいでしょう。

vivienviv0 / Pixabay.com

↑スパイスの効いた夕食で会話が弾む男女。

夕食を Dinner と表現していいか分からないとき

では、dinnersupper の違いが分かればもう「夕食」の英語に悩むことはないのでしょうか?

例えば、夕食をどう呼んでいるのか分からない多くの英語圏の人たちに対してパソコン画面上や用紙でアンケートを一斉に行う場合など、dinner を使うと昼食と夕食のどちらのことなのか迷う人がいるかもしれません。

また、例えば朝食は牛乳だけ、昼食はコンビニのサンドイッチ1袋と缶コーヒー、残業中の夕食はファーストフード店で買ってきたハンバーガーとフライドポテトとコーラ、そしてその3食の間はお菓子で空腹を満たすような英語圏出身の同僚があなたの会社にいた場合、その夕食を「一日のメインの食事」として "Have you had your dinner yet?" (もう夜ご飯食べた?) と尋ねるのは適切なのでしょうか?

この場合、その「ハンバーガーとフライドポテトとコーラ」を同僚が dinner と考えていればそれは彼または彼女にとって dinner であり、あなたが「こんな食事は『一日のメインの食事』などとは呼べない」と考えるのであれば、それはあなたにとって dinner ではないのです。

Jacky Tan / Unsplash.com

↑夕食は暗闇で1人で食べるのが好きな野菜不足の男性。

「夕食」の英語は意外(?)と簡単

では、このようにその夕食を dinner と呼ぶべきか分からない場合はどうすればいいのでしょうか? 当たり前と言えば当たり前ですが、日本語の「夕食」と全く同じ意味の evening meal を使えばいいのです。

今まで考えたことがないかもしれませんが、breakfastlunchdinnersupper などは一日の各食事を表すのに使われる「名前」で、例えば1月を the first month of the year ではなく January と呼ぶのと同じようなものです。そしてこれらの名前を使わずに朝昼晩の食事を英語で表現すると次のようになります。

1. the first meal of the day(一日の最初の食事)
2. the midday meal(昼の食事/一日の中頃の食事)
3. the evening meal(夕暮れ~晩の食事)

1と2には breakfast と lunch を迷わず使えると思いますが、dinner と supper は先ほど説明したとおり国、人、状況などによって3の夕食に使うには適切でない場合があるため、どの表現を使うべきか迷ったら単に「夕暮れ~晩の食事」を意味する evening meal という表現を使えばいいのです(夕食も朝食や昼食と同じく普通は1日1回しか食べないため、a/an ではなく the や your を使うのが普通です)。

evening は夕暮れ~晩(正確には日没~就寝時)を意味するため、この時間に食べた食事であれば evening meal は誰に対してでも使える便利な表現です。ただ、すでにその時間帯になっている場合は単に meal と表現したり、meal を使わずに "Have you eaten yet?" (もう食べた?) と尋ねるほうが自然です。

夕暮れ~晩の食事が Lunch の場合もある

最後に、#8 「弁当」の英語は本当に boxed lunch や lunch box? でも説明したとおり、夕方~深夜早朝まで働く人などは1日3食の2食目を夕暮れ~晩に食べることになります。これは時間帯から考えれば「夕食」ですが、「自分にとっての一日の中頃にとる食事 (midday meal)」と考えて lunch と呼ぶ人は普通にいます。

今回調べた辞書・サイトで「夕食」の英語に lunch を載せているものが1つありましたが(『Glosbe』)、何も説明がないため夜型生活者のランチのことなのか単に誤って載せてしまったのかは分かりません。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「夕食」の英語訳の使い分けが多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

これから夕食をお食べになる方は、それが dinner、supper、lunch、tea のどれであろうと evening meal をごゆっくりお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました