#49 「薬局」や「ドラッグストア」は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第49回は「薬局」「ドラッグストア」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

nbandr / Pixabay.com

↑ここはドラッグを売るお店。危なそうなので近寄らないほうがいいかもしれない。


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「薬局」「ドラッグストア」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「薬局」
「ドラッグストア」
インターネット上の主な英語訳
1. apothecary('s shop) 
2. chemist('s) (shop)
3. dispensary
4. drug shop
5. drug store / drugstore
6. pharmacy
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
ベルリッツ
CUERBO(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
英語いいね!
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
RareJob English Lab
Reverso Context(辞書)
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
Yahoo!知恵袋
YOLO

※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「薬局 英語」「薬店 英語」「ドラッグストア 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

※ニュージーランドでの薬局の英語表現について説明したサイトもありましたが、当ブログはアメリカ英語とイギリス英語に限定しているため一覧には含めていません。

ご覧のとおり、主に6つの訳語が見つかりました。これらの意味の違いは一体何でしょうか? また、そもそも日本の「薬局」「ドラッグストア」は同じものなのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかった「薬店」との違いも含め、「薬局」や「ドラッグストア」の英語について分かりやすく説明します。

広告
広告

「薬局」「薬店」「ドラッグストア」の違い

まず、日本語を英語にするときは、その日本語の意味を正しく理解することが重要です。そこで「薬局」と「ドラッグストア」、そしてあまり耳にしない「薬店」という日本語の違いを以下に簡単にまとめてみました。

「薬局」
医師の処方箋に基づいて薬剤を調合する場所のことで、昔は病院や診療所の中にもあったが今は外に施設として独立して存在し、薬剤師の常駐が法律で義務付けられている。薬剤を調合する部屋の「調剤室」で処方薬を調合するだけでなく、市販薬や日用品の販売も行う施設(お店)もある。
「薬店」
医師の処方箋に基づいた薬剤の調合はできないため、市販薬や日用品などの販売のみを行うお店。「薬局」と名乗れないため「○○ドラッグ」「○○薬店」「クスリの○○」のような店名が多いが、薬剤師による説明を必要とするタイプの市販薬も販売する場合は薬剤師の常駐が必要。
「ドラッグストア」
次の2つのタイプに分かれる。
1. 市販薬や日用品の販売のみを行う従来のタイプ
(つまり上の「薬店」と同じまたはほぼ同じもの)
2. 医師の処方箋に基づいて店内の調剤室で処方薬の調合もする新しいタイプ
(つまり上の「薬局」のうち市販薬や日用品の販売も行うタイプと同じまたはほぼ同じもので、薬局開設許可を受けていれば「薬局」と名乗ることもできる)

さて、このように「薬局」と「薬店」だけであれば分かりやすかったものが、「ドラッグストア」の登場と進化によって面倒なことになってしまいました。「ドラッグストア」という英語は日本語の「薬店」と同じ意味なのにこの2つは別物の場合があるというところが困ってしまいますが、「薬局」や「薬店」に比べると「ドラッグストア」という表現は何となく薬よりも日用品や食料品の売り場のほうが広いイメージがあります。

mohamed_hassan / Pixabay.com

↑「ドラッグストアで私のような格好の人を見かけたら、怪しまずに気軽に相談してくださいね」と話す薬剤師。

処方薬も扱うタイプのドラッグストアには薬局のように処方箋受付カウンターと調剤室がありますが、このエリア自体を「薬局」と呼んでも本当は間違いではないと思います。ただ、例えばドラッグストアで店員に「すみません、薬局はどこですか?」と尋ねると「ここが薬局ですが...」と言われてしまいそうなので、以降ではこのエリアを「調剤コーナー」と呼ぶことにします(そう表現する薬局やドラッグストアが多く見られます)。

アメリカでは薬を売るお店が Drugstore で調剤コーナーが Pharmacy

アメリカで処方薬や市販薬を売るお店は昔(まだ小さなお店で主に薬を扱っていた頃)は pharmacy と呼ばれていたようですが、今は化粧品、日用品、食料品など幅広い商品の販売も行っており、名称も drugstore または2語に分けて drug store と表現するのが普通です。

そして pharmacy という単語は今ではスーパー(の薬売り場)やドラッグストアの中にある先ほどの「調剤コーナー」を意味するもので、コーナーだということを明確にしたければ pharmacy section、カウンターのことであれば pharmacy counter と表現できます。

調剤コーナーがなく処方薬の調合はしないドラッグストアも一部ありますが、それでも薬(市販薬)を販売しているためこれらのお店は drugstore と呼んでも違和感はありません。

Counselling / Pixabay.com

↑大型のドラッグストアはもうスーパーと見分けがつかない?

イギリスでは薬を売るお店も調剤コーナーも Pharmacy??

一方、イギリスでは処方薬や市販薬を売るお店を chemist's (shop) または chemist (shop)、調剤コーナーをアメリカと同じく pharmacy と呼ぶのが普通でしたが(なぜなら pharmacy はそもそも「調剤(術)」を意味する言葉のため)、今ではお店自体も pharmacy と呼ぶのが普通になっています(年々変化してきたため、高年齢層のほうが chemist('s) と呼ぶ割合が高いことになります)。

「お店自体を pharmacy と呼ぶなら調剤コーナーは何と呼ぶのか?」という疑問が当然わきますが、誤解が生じそうな状況では調剤コーナーを prescription(s) counter (処方箋カウンター) のように表現できます。

なお、イギリスにも処方薬の調合はせずに市販薬と化粧品などの販売のみを行うお店はあるようですが、調剤をしないため pharmacy や chemist('s) とは呼ばずに店名で呼ぶのが普通だと思います。イギリスもアメリカ英語の影響を受ける場合がありますが、薬局やドラッグストアを drugstore と呼ぶことは今後もなさそうです(イギリスでも日本のように drug は麻薬のイメージがあるため)。

jarmoluk / Pixabay.com

↑実験室のこのお姉さんのような「化学者」も chemist だが、イギリスでは薬を売るお店や薬剤師も chemist なのだ。 

Apothecary, Dispensary, Drug Shop

さて、今回調べた辞書・サイトで見つかったその他の訳語は何を意味するのでしょうか?

apothecary には薬を売るお店の意味がありますが、古語のため店名に使うなど例外的な使用を除いては現在この単語を使う人はまずいないでしょう。dispensary はイギリスで薬局の中にある調剤室や病院内の薬局(またはその中の調剤室)を意味するあまり一般的ではない単語で、アメリカでも以前は同じような意味で使われていたものが最近は合法的に大麻を購入できる場所を指す言葉として使われているようです。

drugstore と似ている drug shop はアメリカで小さなドラッグストアの意味で使う人がいるかもしれません(shop と store の違いについては #1 「お店」の shop と store の違いは何? で説明しています)。

日本の薬局・薬店・ドラッグストアは英語で何と表現する?

最後に、日本の薬局、薬店、ドラッグストアはそれぞれ英語で何と表現すればいいのでしょうか?

処方薬の調合ができて薬を主に販売しているお店であれば pharmacy と呼ぶのが適切ですが、処方薬の調合ができても化粧品や日用品などを主に販売しているお店であればアメリカのように drugstore と呼ぶか、イギリスのように pharmacy/chemist(s') と呼んでもいいと思います。処方薬の調合ができないお店の場合は、適切と言える呼び名がイギリスにはないためアメリカの drugstore を使えばいいでしょう。

「薬」を意味する medicine という一般的な単語があるのにアメリカではあえて「麻薬」の意味も持つ drug を使い、「薬剤師」を明確に意味する pharmacist という単語があるのにイギリスではあえて「化学者」の意味も持つ chemist を使うのは理解に苦しむところですが(pharmacist('s) も処方薬を売るお店の意味で使えます)、medicine shop/store と表現すると誤りまたは変と思われる可能性が高いので注意しましょう。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「薬局・薬店・ドラッグストア」の英語訳の意味の違いやイギリスにおける pharmacy と chemist の関係が多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

化学者としてお仕事をされている方は、イギリスで知り合ったばかりの人に "I'm a chemist" と言われても喜んですぐにガッチリと握手してしまわず、"You mean a pharmacist?" と尋ねてまずは薬剤師かどうかを確認するのがいいでしょう。

※薬局やドラッグストアで買える次の医薬品の英語についてはリンク先のページで詳しく説明しています。
#53 「うがい薬」の英語は本当に mouthwash や gargle?
#61 「栄養ドリンク」の英語は本当に energy drink?
#62 「外用薬」の英語は本当に external medicine?
#67 「ビタミン剤」の英語は本当に vitamin pill/tablet?