#133 「飲食店」の英語は本当に restaurant や eatery?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第133回は「飲食店」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「食べる前に『飲食店』は英語で何て言うか分かるかな~?」「Drink eat shop!」


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「飲食店」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

「飲食店」
インターネット上の主な英語訳
1. cafe
2. diner

3. dining/eating/eating and drinking establishment(s)
4. eatery
5. (eating (and drinking)) place
6. eating house
7. food court
8. pub
9. restaurant

10. shops serving food and drink
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
CUERBO(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
Reverso Context(辞書)
Weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「飲食店 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、似た訳語を1つにまとめてもこれだけの数になりました。最も多かったのは restaurant、次いで多かったのは eating house や eatery ですが、これらは本当に「飲食店」なのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトが載せていなかった表現も含め、「飲食店」の英語について分かりやすく説明します。

広告

「飲食店」とは

まず、「飲食店」という言葉を「調理した飲食物を客に食べさせる店」と説明している国語辞書もありますが、どう考えても「調理」や「食べさせる」は飲み物には使わない言葉のため、この説明は正しいとは言えないでしょう。では、「飲食店」の説明として正しいのは次のどちらでしょうか?

A. メニューに飲み物と食べ物の両方があるお店(例: ファミレス)
B. メニューに飲み物と食べ物の両方またはどちらかがあるお店(例: お酒だけ出すことにしているバー)

正解は、両方です。例えば、「飲食店を経営しています」と言う人は恐らく食べ物も飲み物も出すお店を経営しているのでA、「すべての飲食店を禁煙に」と言う場合などはBを意味するはずです(総務省の『日本標準産業分類』でも「飲食店」のカテゴリーにはバーなど飲み物しか出さなくてもいいお店が含まれています)。

つまり、1つのお店を「飲食店」と呼ぶ場合とBに該当するお店すべてを総称で「飲食店」と呼ぶ場合があるということですが、1つのお店の場合は例えばレストランであれば「このレストランはすごく素敵ですね」のように「飲食店」ではなく具体的に「レストラン」と表現するのが普通だと思います。

YAKOBCHUK VIACHESLAV / Shutterstock.com

↑「この飲食店すごく素敵ね」「ありがとう...ってもしかして『飲食店』は restaurant と同じ意味の言葉だと思ってる?

Restaurant ≠ レストラン/飲食店

さて、今回最も多く見つかった restaurant は主な英和辞書で「レストラン」「料理店」「飲食店」のように訳されていますが、実はどれも正しくありません。なぜなら、restaurant は単に「(普通は座席のある) 食事を出すお店」のことで、「レストラン」や「料理店/料理屋」とは呼ばない牛丼やハンバーガーのチェーン店などにも該当するからです。そして「飲食店」は先ほどのAとBのお店を表すもう少し意味の広い言葉です。

食事を出すお店を「食事店」と表現することはほとんどないと思いますが(「お食事処」はよくありますが)、restaurant をシンプルな日本語で表現するとそうなるでしょう。なお、今回同じく多く見つかった eatery は、#121 「ファーストフード店」は英語で何と言う? でも説明したとおり新聞や雑誌で使われる「食事店」のカジュアルな表現です(「食事店」はやはり不自然なので「飲食店」と説明してしまっていますが...)。

Masaaki Komori / Unsplash.com

↑meal (食事) を出すお店が restaurant。メニューに飲み物はなくてもいいのだ。 

「飲食店」は英語で何と言う?

では、結局「飲食店」は英語で何と言うのでしょうか?

先ほどのAの「メニューに飲み物と食べ物の両方があるお店」のことを「飲食店」と呼んでいるのであれば、次のように表現することでその意味が明確になります。

a restaurant that also serves drinks(飲み物も出す食事店)
an eating and drinking place/establishment(食べて飲めるお店)
※place も establishment も「店」を意味するとは限らない単語ですが、お店についての話ではその意味になります。

ただ、普通は食事を主に出すお店は(日本でレストランとは呼ばないようなお店でも)シンプルに restaurant と呼び、そのお店を経営しているのであれば "I run a restaurant" と表現します(run=経営する)。

一方、Bの「メニューに飲み物と食べ物の両方またはどちらかがあるお店」のすべてのお店を総称で「飲食店」と呼んでいる場合は、長くなりすぎない程度に正確に表現すると次のようになります。

places/establishments that serve food and/or drinks(飲食またはどちらかを出すお店)
eating and/or drinking places/establishments
(飲食またはどちらかができるお店)
places to eat and/or drink
(飲食またはどちらかができるお店)

ただ、そのような正確さが求められない状況では、もっと短くて楽な "bars and restaurants" という表現を使うのが普通です(言いやすいこの語順のほうが普通です)。

bar でも restaurant でもない飲食店もありますが(例えばコーヒーだけを出す専門店)、それを気にしているとフレーズが長くなってしまうので多くの飲食店をカバーできるこの2語に絞るのだと思います。もちろん "restaurants, bars, and cafes" のようにもう少し細かく分けたり、イギリスでは bar よりも pub のほうが一般的なため "pubs and restaurants" のように表現が多少変わります。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「このように食事も出す cafe は restaurant の一種なんだよ」「あらっ、そうだったのー!」「知らなかった~」

また、日本語と違って英語の「店」には単数形と複数形があり、さらに英語では「飲」と「食」を直接つなげられないため、andor を使い分けて次のような場合は表現が単数形と or に変わります。

Have you ever worked in a bar/pub or restaurant?(飲食店で働いたことがありますか?)

英語の感覚では bar と restaurant はだいぶ違うお店なのでこの質問自体が変かもしれませんが、あえて日本の感覚で飲食店すべてを一括りにして質問するとこのようになります。アンケート調査など正確さが求められる状況では、オレンジ色の部分を "an eating or drinking establishment" などに変えるといいでしょう。

なお、状況によっては次のように restaurants だけで飲食店全般を何となくカバーできます。

Most stores and restaurants are closed today.(ほとんどの商店と飲食店は今日休みです。)

この場合は storesrestaurants に加えて bars/pubs まで足すとフレーズが長くなってしまうため、「飲食店」を restaurants だけで済ませている感じです。

この他、例えば「飲食店検索アプリ」はバーも検索できても "an app for finding restaurants" やシンプルに "a restaurant (finder) app" と表現するのが普通のようです(もちろん bar(s) を加えても可)。アプリではなく「飲食店検索サイト」と呼ばれるタイプのウェブサイトの場合は、"a restaurant review site" (飲食店口コミサイト) という表現が多く見られます(もちろん口コミを投稿できるサイトの場合)。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「検索」の英語は search。でも飲食店
検索アプリ/サイトは "search app/site" とは表現しないのが普通のようだ。

「飲食店」のその他の訳語

最後に、今回見つかった主な訳語でここまで出てこなかった単語/フレーズのうち、説明が必要なものについて簡単に説明しておきたいと思います。

diner: ファミレス風のお店。食事ができるお店の1つのタイプにすぎないため「飲食店」とは違う。
eating house: 食事ができるお店を意味する古い表現。今の時代に使う人はまずいない。
food court: ショッピングモールなどにある「フードコート」を意味するため「飲食店」とは違う。
shops serving food and drink: 一部の例外を除いて飲食店を shop と呼ぶことは普通ない。

飲食店すべてをカバーできてしかも短くて言いやすい「飲食店」という日本語がいかに便利か分かる内容に今回はなりましたが、「店」も英語では状況によって establishmentoutletrestaurant/cafe/bar/pubshop/storeagencydealership など表現が変わるので本当に面倒です。このうち shop と store の違いについては #1 「お店」の shop と store の違いは何? で詳しく説明しています。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「飲食店」のより正確で一般的な英語表現が多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

飲食店を経営されている方は、英語で自己紹介する際は誤って "I run a bar or restaurant" と表現してしまわないよう注意しましょう...