#62 「外用薬」の英語は本当に external medicine?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第62回は「外用薬」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Alliance / Shutterstock.com

↑「外用薬」の1つとされる点鼻薬を鼻の穴に注入する女性。英語では本当に "external medicine" (外側に用いる薬)?


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「外用薬」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「外用薬」
インターネット上の主な英語訳
1. balm
2. external (use) medication/medicine/remedy
3. medicine for external application/use
4. ointment
5. salve
6. unction
7. unguent
訳語が見つかった辞書・サイト
アルク - 看護に役立つ!実践メディカル英語
bab.la(辞書)
CUERBO(辞書)
eigonary(辞書)
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
Linguee(辞書)
Quizlet
Reverso Context(辞書)

産業翻訳だよ! 全員集合(辞書)
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「外用薬 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、いろいろな訳語が見つかりました。この中で最も多かったのが「外側に用いる薬」を意味する external medicine や medicine for external use です。これらは本当に「外用薬」なのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトのほぼすべてが載せていなかった正しい訳語も含め、「外用薬」の英語について分かりやすく説明します。

広告
広告

「外用薬」とは

まず、主な国語辞書では外用薬を「皮膚の表面や粘膜」や「体の外部」に適用する薬と説明しており、湿布軟膏うがい薬目薬吸入剤などを例として挙げています。湿布や軟膏は確かに「体の外部」に使いますが、吸入剤はどう考えても体内に吸い込むものだと思います。また、うがい薬や目薬は確かに「粘膜」に適用する薬ですが、口や目の中に入れるものを英語で external (外側用の) と表現していいのでしょうか?

一方、日本語版ウィキペディアの『外用薬』のページは外用薬について内服液と注射薬を除くすべての薬の総称と説明しており、点鼻薬座薬も例に挙げています。これらも本当に「外側に用いる薬」なのでしょうか?

HENADZI PECHAN / Shutterstock.com

↑つらい痔などに使われる座薬も「外用薬」の1つ。どう考えても「外側に用いる薬」とは思えないのだが...

「外用薬」は英語で何と言う?

さて、日本で「外用薬」と表現されているタイプの薬は英語では topical medication と呼ばれています。この topical は「局所 (=体の一部) に用いる」という意味で、英語版ウィキペディアの『Topical medication』のページでは日本で外用薬に分類されている塗り薬、吸入剤、目薬などを例に挙げています(座薬の記載もページ内にありますが、座薬と吸入剤は topical medication に含めていないウェブサイトもあります)。

これとは逆に全身に影響を与えることを意味する単語が systemic で、英語版ウィキペディアの『Systemic administration』のページでは内服液、注射、点滴などを例に挙げています。なお、ニコチンパッチのように体の一部に貼る薬でも血流に浸透して全身に影響を与えるものがありますが、これは topical medication と考えない場合もあるようです。

Image Point Fr / Shutterstock.com

↑「このパッチを右腕に貼りますが、全身に効きますのでご安心を」「右腕だけ禁煙になるとは思ってないわよ」

つまり、日本では薬を「内服液 (飲み薬)「注射薬」「外用薬 (内服液と注射薬以外の薬)の3つに分けているのに対し、英語では systemic (全身用 ※内服液や注射薬) と topical (局所用 ※塗り薬、湿布、目薬など) の2つに分けているため、目薬や吸入剤を含む日本語の「外用薬」は external medicine (外側に用いる薬) などの直訳ではなく topical medication (局所に用いる薬) と表現するほうが適切です。

今回調べた辞書・サイトで「外用薬」の英語に topical を使った表現を載せているものは1つだけありましたが(『weblio』)、ページ冒頭の「主な英訳」の箇所ではなくページ途中に埋もれて載っている状態でした。

なお、今回見つかった訳語に含まれている balmointmentsalveunctionunguent はどれも軟膏など塗り薬を意味するため、目薬や吸入剤なども含む「外用薬」の英語として適切ではないでしょう。

Medication, Medicine, Drug, Pharmaceutical, Remedy の違い

さて、ここまで「薬」を medication または medicine と表現してきましたが、どちらの単語を使ってもいいのでしょうか? medication は動詞の medicate を名詞にしているため本当は「薬で治療すること」を意味すべきですが、それを「薬」の意味でも使ってきたアメリカ英語の影響のためか、昔は薬を medicine と呼ぶのが普通だったイギリスでも今では「薬」の意味で medication も使うようになってしまったようです。

ただ、medicine は飲み薬をイメージさせると言う人や、アメリカの医療関係者の間では薬を medication と呼ぶのが普通と言う人もいるため、外用薬はやはり topical medication と表現するほうがいいかもしれません。アメリカのFDA (食品医薬品局) やイギリスのNHS (国営医療サービス事業) の資料などでは "oral and topical medicines" (内服薬と外用薬) という表現も見られるため別に気にしなくてもいいと思いますが。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「これ medication と medicine のどっちだと思う?」「どっちでもいいから早くちょうだい」

また、「薬」に使われる単語には他にも drugpharmaceuticalremedy がありますが、drug は状況によっては麻薬と間違われる可能性があったり、タバコやアルコールなども(同じく害のあるものとして)この単語の意味に含める人もいます。pharmaceutical は「医薬品」や「製薬」の英語として使われることが多く、remedy は「療法」の意味にもなるため薬剤を用いずに治療する場合にも使えます。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「外用薬」に含まれる薬の種類や正しい英語訳が多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

普段から調剤薬局で吸入剤や点鼻薬を受け取られている方は、袋に「外用薬」という記載があると思います。これらの薬を「外用」と呼ぶのは理解に苦しみますが、薬剤師さんのせいではないので店頭で「これは『局所用薬』と書くべきではないでしょうか?」などと主張しないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました