#80 『おしゃれ』の英語は本当に fashionable や stylish?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。第80回は「おしゃれ」の英語についてです。

◆当ブログはアメリカ英語とイギリス英語が対象です。その他の英語では表現が違うことがありますのでご注意ください。
◆更新履歴は「お知らせ」に載せています。

LightField Studios / Shutterstock.com

↑ファッション業界で働くおしゃれな女性たち。さて「おしゃれ」は英語で何と言う?


まず、「おしゃれ」には「おしゃれをすること」の意味もありますが、今回取り上げるのは「おしゃれだ」や「おしゃれな」を意味する形容詞の「おしゃれ」です。

では、この「おしゃれ」はオンライン和英辞書や英語学習サイトでどう英語に訳されているのでしょうか? 見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをアルファベット順に記載します。

広告
「おしゃれ」
インターネット上の主な英語訳
1. chic
2. classy
3. cool
4. dapper

5. dressy
6. fancy
7. fashionable
8. gracious
9. jaunty
10. smart
11. snappy
12. sophisticated
13. stylish
14. trendy
15. voguish
訳語を載せた辞書・サイト
bab.la(辞書)
CUERBO(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)

英これナビ
Glosbe(辞書)

Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
MYスキ英語
NexSeed Blog
RareJob English Lab

Reverso Context(辞書)
Weblio(辞書)
Weblio英会話コラム
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「おしゃれ 英語」「おしゃれな 英語」「お洒落 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、古語や俗語を除いた主な訳語だけでもこれだけの数になりました。この中でほぼすべての辞書・サイトが載せていたのが fashionablestylish です。どちらも本当に「おしゃれ」なのでしょうか?

以下では、どの辞書・サイトも載せていなかった注意点も含め、「おしゃれ」の英語について分かりやすく説明します。

広告

どの意味での「おしゃれ」?

まず、「おしゃれ」という日本語はかなり漠然とした意味で使われており、「洗練されている」「装飾的」「今風」「かっこいい」など理由は何であれ見た目が素敵と思えば「おしゃれ」と表現できてしまいます。

では、その「おしゃれ」は英語で何と言うのでしょうか? 多くの辞書・サイトが載せていた fashionablestylish のうち、fashionable は「流行の/今風」という意味でのおしゃれには使えます。実は「おしゃれ」という日本語に本来この意味はないのですが、「流行の服ですね」や「今風ですね」と言うと皮肉に聞こえたり、「ファッショナブルですね」と言うのは長くて面倒なため、「おしゃれ」と表現されるのだと思います。

buritora / Shutterstock.com

↑「何だかファッショナブルですね」「昔はもっと短くて言いやすい『ナウい』っていう言葉があったのよ」

その fashionable よりも流行の最先端を行っている感じの trendy は、日本語でも「トレンディードラマ」などで使われてきた言葉のため知っている人も多いと思います。ただ、この単語はそのような流行やそれを追う人たちを軽蔑する場合にも使われるため、安易に使わないほうがいいでしょう。

「洗練されている」という意味での「おしゃれ」は英語で何と言う?

さて、主な国語辞書の「おしゃれ」の説明には「洗練」や「飾ること」という言葉が見られますが、まず「洗練されている」という意味での「おしゃれ」は英語で何と言うのでしょうか?

smart はイギリスでは見た目が洗練されているという意味で主に使われますが、アメリカでは「聡明」や「賢い」を意味する intelligent や clever (これはアメリカとイギリスで意味がやや違う) と同じ意味で使われるのが普通です。イギリスでもアメリカの影響で smart を intelligent や clever の意味で使うことはありますが、アメリカで smart を「洗練されている」という意味で使う人は稀だと思います。

Chanikarn Thongsupa / Rawpixel.com

↑「ねえ、その cleverphone をちょっと見せてくれる?」「スマホはイギリスでも smartphone だよ...」

sophisticated は機器類に使う場合は「精巧」の意味になり、人に使う場合でも身なりではなくその人自身が洗練されている意味になってしまいます(似た言葉の refined も「お上品な人」を意味してしまいます)。

classy は「上品で洗練された」のような意味で、elegant はその少し硬い表現ですが、これも例えば "She is elegant" と表現すると話し方なども含めて「お上品/優雅」という意味になってしまいます。相手の服装を見ながら "You look elegant" と言えば「おしゃれ」の意味になりますが、離れた距離にいる人を例えば "She looks elegant" と表現するとおしゃれとは関係ない「身のこなし」や「姿勢」まで含む可能性があります。

chic も「上品/洗練された」という意味ですが、フランス語のため意味と発音がよく分からないネイティブスピーカーもいたり、男性に使うのは稀だと思います(発音は日本語の「シック」と違って「シーク」)。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「アイ アム シック...」(それは「スィック」です)

一方、stylish は「上品な」、上品かどうかに関係なく「流行の」、上品さや流行と関係なく「その人に合ったスタイルの」など人によって解釈が違います(理由は名詞の style に「流行」「流儀」「型」「気品」などいくつかの意味があるからだと思います)。もし fashionablestylish は同じ意味だと言うネイティブスピーカーがいたら、その人は stylish を (上品かどうかに関係なく)「流行の」と解釈していることになります。

このように「洗練されている」という意味での「おしゃれ」の英語は複雑ですが、smart と違ってアメリカでも使えて「上品」から「かっこいい」あたりまでをカバーできる stylish を使うのがお勧めと言えます。

「装飾的」や「凝った感じ」という意味での「おしゃれ」は英語で何と言う?

最後は、同じく主な国語辞書の「おしゃれ」の説明に見られる「飾ること」という意味での「おしゃれ」の英語についてです。これは飾り立てたデザインや着飾ったファッションなど「装飾的」という意味だと思いますが、例えば下の写真のスイーツはその意味で「おしゃれ」と表現するのではないでしょうか?

PhotoMIX-Company / Pixabay.com

↑「おしゃれ」なスイーツ。この場合は fashionable や stylish という感じではない。

単に「装飾的」と言いたければ decorative と表現すればいいですが、このように装飾的だったり凝った感じがすることを「おしゃれ」と言いたい場合は、fancy と表現するのが最適と言えます。

ただ、この fancy はおしゃれに見せようと変に凝っていたり高価だったりすることを軽蔑する場合にも使われるため、常に褒め言葉として使われる日本語の「おしゃれ」とは少し違う点に注意しましょう。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? これで fashionable、stylish、fancy などの違いが分かりやすくなったかもしれません。

ここまで長々と説明してきましたが、どの表現を使えばいいか迷ったら "You look great" や "It looks very nice" のように表現するだけでもいいでしょう(結局は見た目を褒めることが目的ですので...)。

広告
広告
新着順
Twitterで更新情報を受け取る
Eiton English Vocablog
タイトルとURLをコピーしました