#15 『敷き布団』『掛け布団』『布団(全体)』は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。第15回は「布団 (ふとん)の英語についてです。

◆当ブログはアメリカ英語とイギリス英語が対象です。その他の英語では表現が違うことがありますのでご注意ください。
◆更新履歴は「お知らせ」に載せています。

Thayut Sutheeravut / Shutterstock.com

↑畳の上に敷かれた「敷き布団」と「掛け布団」。このそれぞれや布団全体は英語で何と言う?


まず、敷き布団と掛け布団のどちらにも使える「布団」という日本語はオンライン和英辞書や英語学習サイトでどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをアルファベット順に記載します。

広告
「布団」
インターネット上の主な英語訳
1. bedclothes
2. bedding
3. (Japanese) futon
4. Japanese-style bedding
5. mattress
訳語を載せた辞書・サイト
bab.la(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Kiminiオンライン英会話ブログ
Linguee(辞書)

Reverso Context(辞書)
Weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「布団 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。
※敷布団または掛布団に限定して説明していたサイトや明確な訳語を載せていなかったサイトは一覧に含めていません。

ご覧のとおり、主に5つの訳語が見つかりました。「布団」をそのままアルファベット化した futon も含まれていますが、本当に布団全体をそう呼んでいいのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかった bedclothes と bedding の違いも含め、「布団」の英語を「敷き布団」「掛け布団」「布団(全体)」の順に分かりやすく説明します。

広告

「敷き布団」は英語で何と言う?

まず、英語の futon (または頭文字を大文字にした Futon) はマットレスの片側がそのまま背もたれになるタイプのソファーベッドを意味するのが普通で、掛け布団も含む(または「布団を畳みなさい」のように状況によってはシーツ、毛布、枕なども含む意味で使われる)日本語の「布団」とは違います。

この futon は好みの futon frame (フレーム) と futon mattress (マットレス) を別々に買うことができ、マットレスは日本の敷き布団よりも厚手です。正確にはソファーベッド全体が futon sofa (bed/sleeper) でマットレスの部分が futon ですが、ソファーベッド全体を futon と呼ぶほうが普通だと思います。

Photographee.eu / Shutterstock.com

↑分厚い futon mattress の上で読書する人。

この futon という単語は日本の布団の意味で使われる場合でも敷き布団だけを意味するのが普通で、例えば日本の布団を紹介した英語のウェブページでは敷き布団が Japanese futon mattress (これは意味が重複している表現) や単に Japanese futon と表現されています(つまり例えば "Lay out your futon" と言えば「敷き布団を敷きなさい」と解釈される可能性が高いということです)。

そのため、「敷き布団」という日本語の意味を説明するときは、私たちまで敷き布団だけや上のソファーベッドを futon と呼んでいると誤解されたくなければ futon という単語は使わずに "Shikibuton is a traditional Japanese(-style) mattress" (敷き布団は伝統的な日本(式)のマットレス) と説明するのがいいでしょう。

「掛け布団」は英語で何と言う?

では、掛け布団は英語で何と呼ばれているのでしょうか? 日本語で「デュベ」と呼ばれる duvet (英語の発音は「デューヴェイ」※強勢の位置がアメリカとイギリスで違う)、「コンフォーター」と呼ばれる comforter (アメリカで使われる言葉で発音は「カンファラー」に近い)、日本語でも英語でも発音はほぼ同じ eiderdown (アイダーダウン) や quilt (キルト) などがありますが、主役と言える掛け布団は次のとおりです。

アメリカ
duvet: アメリカでは21世紀に入ってから使う人が増えたヨーロッパ式の掛け布団。duvet は「綿毛/ダウン」を意味するフランス語(英語では down)。中綿は昔は綿毛で今は他の羽毛や合成繊維のものもある(ドライクリーニングが必要なものが多い)。カバー (duvet cover) に入れて使うため、布団自体は普通は白色かオフホワイト色。カバーだけ洗濯したり好みのカバーに交換できる。
comforter: アメリカ式の掛け布団。デザインが施されているためカバーが不要で、一般的な合成繊維のものは洗濯機で丸洗い可能。頻繁に洗うのが面倒なため普通は体の上に top sheet → comforter と重ね(寒ければ blanket も併用)、top sheet を洗うかカバー(これを duvet と呼んでしまう人も多い)を付ける。duvet より薄め/広めでベッドの高さの半分くらいまで垂れ下がるものが多い。
イギリス
duvet: 上の説明の duvet と基本的に同じ。ヨーロッパ大陸(正確にはイギリスなどの島々を除いた「大陸ヨーロッパ」)からイギリスに入ってきた掛け布団。そのため continental quilt (大陸式のキルト) として紹介され、今でもそれを略して単に quilt と呼ぶ人もいる。次に説明する eiderdown に代わって一般的に使われるようになった現代的なデザインの掛け布団。
eiderdown: イギリス式の掛け布団。eiderdown quilt (ケワタガモの綿毛のキルト) を略した言葉。今は他の羽毛や合成繊維のものが多い。20世紀中頃に登場した duvet より前の19世紀に登場し、体の上に top sheet → blanket → eiderdown と3層で使う。暖房の普及や単に面倒で今はこれらを使わず duvet だけ使うのが普通。ビンテージ風の見た目を好んで duvet の上に掛ける人もいる。

このように duvet はアメリカでもイギリスでも掛け布団に使える単語で(ただしアメリカでは違いが分からず comforter と呼んでしまう人も多い)、今の日本の一般的な掛け布団もカバーに入れて中身が見えない状態で使うことから、「掛け布団」の英語は duvet を基本に覚えておくのがいいでしょう。

quilt は単に quilt と呼ぶとイギリスでは上の説明のとおり duvet (=continental quilt) を意味するのが普通だと思いますが、アメリカでは異なる形や色の布をはぎ合わせた(または1枚の)表地と1枚の裏地の間に中綿を詰めて刺し縫いした薄手の上掛けを意味します(はぎ合わせた表地のものは patchwork quilt)。duvetcomforter と違ってこの薄手で凝った柄の quilt はテーブルクロスや壁掛けなどにも使われます。

melnikof / Shutterstock.com

↑こたつカバーにも見える quilt。凝った柄の表地が好きで comforter の上に掛けて使う人もいる。

この他に bedspread (床まで届く大きな薄手の上掛け) や coverlet (bedspread と同じ意味または少し小さめのもの) もありますが、今は使っていない人のほうが多いと思います。なお、ブランケット類の英語は #116 『毛布』『タオルケット』『ガーゼケット』『キルトケット』は英語で何と言う? で説明しています。

「布団(全体)」は英語で何と言う?

最後は、掛け布団と敷き布団の両方、または「布団を畳みなさい」のように状況によってはシーツ、毛布、枕なども含む意味で使われる「布団(全体)」の英語についてです。

昔からベッドのマットレス上で寝るのが普通の欧米には敷き布団がないため、敷き布団と掛け布団を合わせた「布団」の英語もありません(先ほどの futon をこの意味で使ってもらうよう努力しましょう)。一方、"Fold up your bedding" (布団を畳みなさい) のようにシーツや枕も片づける場合の「布団」は bedding です。

主な国語辞書に載っている「夜具」という日本語(恐らく死語)が「寝具」と同じく寝巻き/パジャマも含むのかは不明ですが、含まなければ bedding は「夜具」であり、ベッドの場合はマットレス上の布団、シーツ、枕などを意味します(マットレスやベッドフレームも含むと考える人もいます)。

MemoryCatcher / Pixabay.com

↑少なくともマットレス上の布団、シーツ、枕などはすべて bedding。

今回見つかった「布団」の英語には bedclothes という単語も含まれていますが、アメリカで今でもこの単語を使う人は稀だと思います(聞いたことすらない人が多いと思います)。一方、イギリスでは布団類、枕、マットレス、ベッドフレームのすべてを bedding と考える人、布団類と枕だけを bedding または bedclothes と考える人、マットレスと枕だけが bedding で布団類は bedclothes と考える人など解釈が分かれます。

なお、冒頭の写真のような和式の布団一式を英語で表現したい場合は、日本でも今は多くの人がベッドで寝るため Japanese (日本の) だけでなく traditional (伝統的) も付けて traditional Japanese(-style) bedding と表現するのがいいでしょう(ハイフンは省略可)。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? これで「敷き布団」「掛け布団」「布団(全体)」はそれぞれ英語でどう表現すればいいか分かりやすくなったかもしれません。

もしどこかから「布団って英語でも futon って言うんだよ」という声が聞こえてきたら、「本当にそうでしょうか?」と会話に割り込んで今回の内容を長々と説明してあげましょう...

広告
広告
新着順
更新情報を受け取る (クイズ形式)
Eiton English Vocablog
タイトルとURLをコピーしました