#76 「グッズ」の英語は goods, items, merchandise, products のどれ?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第76回は「グッズ」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

New Africa / Shutterstock.com

↑「今すぐキャンペーンに応募して旅行グッズをGETしよう!」(えっ、当たったら全部もらえるんですかっ?)


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「グッズ」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

「グッズ」
インターネット上の主な英語訳
1. collectables
2. commodities / commodity
3. goods
4. item(s)
5. merch / merchandise
6. product(s)
7. promotional items
8. stuff
9. thing
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
Daijob.com
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
Lang-8
Linguee(辞書)
マスターランゲージ
ネイティブと英語について話したこと
NexSeed Blog

Reverso Context(辞書)
ツカウエイゴ
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
Yahoo!知恵袋
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「グッズ 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、いろいろな訳語が見つかりました。これでは一体どれを使えばいいか迷ってしまうと思います。なぜ goods だけではいけないのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトが載せていなかった表現も含め、「グッズ」の英語について分かりやすく説明します。

広告

「グッズ」とは

まず、国語辞書で「グッズ」は「商品」や「品物」と説明されていますが、例えば債券や保険などの金融商品を「金融グッズ」とは言いませんし、着物を販売するウェブサイトも「ご注文からグッズが届くまで」などとは書かないことから、「グッズ」は単に「商品」や「品物」の意味で使える言葉ではないことが分かります。

また、「グッズ」と「アイテム」の違いについて「グッズが品物全体でアイテムが品物一点」のように説明しているウェブサイトもありますが、これは英語の goods と item の違いであって、日本語では例えば賞品が1つしか当たらないキャンペーンでも「グッズが当たる!」と書いたり、「各グッズ」などの表現も普通に使われます。だからといって単数形で「グッド」と表現すると、「良い」の意味に間違われてしまうでしょう。

yoshi0511 / Shutterstock.com

↑「これいいグッドじゃん! ゲットしようよ!」「おいおい、同じことを日本語と英語で二度言わなくていいんだぞ...」

Good, Merchandise, Product, Item の違い

さて、「グッズ」は英語で何と表現するのかを説明する前に、今回見つかった主な訳語の中から重要なものを取り上げて簡単に説明したいと思います。まずは good と merchandise についてです。

good
- 売る目的で作られた有形物 (飲食物も含む) と考えるのが普通。
- 日本語の「商品」はアプリやサービスなど無形物も含むため、「有形商品」と表現するほうが適切。
- goods and services や consumer goods のように普通は品々全体を複数形で表す。
- 経済学の話などでは1つの品を a good のように単数形で表すこともある。
merchandise
- 商取引*されている有形物 (飲食物も含む) と考えるのが普通。(*商取引=商業上の売買)
- そのため、goods と同じく単なる「商品」ではなく「有形商品」と表現するほうが適切。
- 映画や音楽アーティストなどのプロモーションで販売・無料提供される品々の意味でも使われる。
- 普通は不可算名詞 (数えられない名詞) として使うため1つの品を a merchandise と表現できず、an item of merchandisea merchandising item/product のように表現する。

さて、このようにどちらも「有形商品」と表現しましたが、good は「有形商売品」、merchandise は「有形商取引品」の略だと言えるでしょう(「有形商品」よりも「有形商材」という言葉のほうが普通かもしれませんが、その場合は売る側から見た「これから売る商品」という意味に限定されてしまうと思います)。また、どちらも普通は複数形にしないため例えば3つの品を "three ○○s" と表現できない不便さがあります。

では、続けて product と item についても簡単に説明したいと思います。

product
- 製造・製作された品を意味するため「製品」という表現が一番近い。
- アプリなどの無形物も含む一方、同じく無形物の「サービス」も含めるかは人によって意見が違う。
- 他の無形物の例では保険などの financial product がある(ただし日本語では「金融商品」)。
- 1つの品は普通に単数形で a product、複数の品は s を付けて products と表現できる。
item
-「商品」や「製品」など、どのようなタイプの品々でも単にその中の「(各)品」を意味する単語。
- 同じく全体のリストなどの中の「(各)項目」の意味でも使われる。
- 1つの品は普通に単数形で an item、複数の品は s を付けて items と表現できる。

さて、product と merchandise をわざわざカタカナで「プロダクト」と「マーチャンダイズ」と表現する人は英語を使って気取りたい一部の人に限られますが、4文字以下で言いやすく「商品」や「製品」よりもやわらかい印象を与える「グッズ」と「アイテム」は広く使われています。この2つの日本語は同じ意味の場合が多いと思いますが、英語にするときはそのまま goodsitem と表現していいのでしょうか?

takayuki / Shutterstock.com

↑「今から弊社のマーチャンダイズを動画でご覧いただきます」「その大豆を育てたマーちゃんって誰なんですか?」

「グッズ」は英語で何と言う?

例えば consumer goods は「消費財」と表現するのが普通だと思いますが、カタカナで「コンシューマーグッズ」と書いている文書やウェブサイトもあると思います。このように日本では一般的ではないフレーズの場合の「グッズ」は英語でも goods と表現するのが正しい確率が高いのですが(単に英語をカタカナ化しただけのため)、次のようなもっと一般的なフレーズの場合の「グッズ」には別の表現を使うのが普通です。

1.  映画や音楽アーティストなどのプロモーション用のグッズ、キャラクターグッズの場合

この意味では merchandise が適切で、プロモーション用の品々であれば promotional merchandise と表現できます。ただ、先ほど書いたとおりこの単語は不可算名詞 (数えられない名詞) として使うのが普通のため1つの品を a promotional merchandise と表現できず、an item of promotional merchandise やシンプルに a promotional (merchandising) item/product と表現します。

「キャラクターグッズ」を直訳した character goods は英語圏でも相手が日本のアニメ/マンガやゲームのファンであれば通じるようですが、それ以外の人には character-themed merchandise と表現するのがいいでしょう(略して character merchandise と表現するとキャラクターのフィギュア (人形) と誤解される場合があります)。これも1つの品であれば、a character-themed item/product と表現できます。

なお、merchandise は「商品」のように「グッズ」よりも硬い表現のため、略語の merch のほうが合っているかもしれません(これはあくまでプロモーション用やキャラクターのグッズを指し、もっと広い「有形商品」の意味では使われません)。ただ、この略語はイギリスでは普通使わなかったり、アメリカでも聞いたことがない人がいるなど、日本語の「グッズ」のように誰でも知っている表現ではないので注意が必要です。

また、これらの品々を「収集品」と考える場合は collectibles または collectables と表現できます(普通は複数形で品々全体を表します)。スペルは i と a の違いだけですが、形容詞の collectable をそのまま名詞として使えることを知らない人や、使うのに違和感を感じる人はネイティブスピーカーにも多いようです。

もしこれらの品々に「商品」「製品」「収集品」などのニュアンスを出したくなければ単に「品(々)」を意味する item(s) を使うのが最適で、例えばディズニーのグッズであれば Disney item(s) になります。

Alexas_Fotos / Pixabay.com

↑「ねえ、私たち『キャラクターマーチ』って呼んでもらおっか?」「何だかキャラクター行進曲 (march) みたいだなー」

2. 単に「商品」や「製品」よりもソフトな印象を与えるために「グッズ」と表現している場合

これには冒頭の写真の「旅行グッズ」の他に「睡眠グッズ」「防災グッズ」「収納グッズ」「エコグッズ」などがありますが、単に「商品」「製品」「用品」よりもやわらかい印象を与えるためにカタカナ(「グッズ」または「アイテム」)を使っていると考えられるため、英語でも goodmerchandiseproduct などビジネス的な表現ではなく「アイテム」と同じ item を使うほうが合っていると言えるでしょう。

また、今回調べた辞書・サイトが載せていなかった accessory (アクセサリー) という単語を使い、例えば「睡眠グッズ」は sleep accessories、「旅行グッズ」は travel accessories と表現することもできます(#45 「旅行する」の英語は本当に travel や go on a trip? で説明したとおり、「旅行」と「旅」は違うため「旅グッズ」と表現するほうが適切ですが)。

日本語の「アクセサリー」はネックレスなどの装身具 (fashion accessory) をイメージさせると思いますが、もう少し意味の広い英語の accessory はここでは「(必須ではないけれど) あると便利な品」という意味で、睡眠や旅行であればアイマスクや耳栓などが該当します。なお、(自宅での) 睡眠に必須の枕や旅行に必須のスーツケースなどは accessory とは見なさないと思います。

Commodity, Stuff, Thing

最後に、今回見つかった訳語の中で残された commoditystuffthing の意味はそれぞれ何でしょうか?

commodity は穀物、コーヒー、鉄鉱石、パソコンのメモリといった商品にも使われる単語ですが、硬い響きがするためあえて「グッズ」の英語として使う必要はないでしょう。

stuffthing については、「品」の item に対して「もの」が thing、口語的な「やつ」が stuff と覚えるといいかもしれません。stuff は不可算名詞 (数えられない名詞) のため例えば2つのディズニーグッズを "two Disney stuffs" とは表現できず、"two Disney things" と表現すると(thing は「こと」も意味するため)状況によっては品物以外の意味にもなることから、やはり item や product を使うのがいいでしょう。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した good, merchandise, product, item などの意味の違いや「グッズ」としての accessory が多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

上の内容を読んで「キャラクターグッズ」や「旅行グッズ」などの「グッズ」を英語では普通 goods と表現しないことが分かったからといって、売り場で店員さんにそのことを伝えると変な人だと思われるだけですのでやめておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました