#3 「ホームセンター」は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第3回は「ホームセンター」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

※投稿日後に更新した情報については「お知らせ」を参照。

stevepb / Pixabay.com

↑DIYに挑戦するときは、本や動画で事前に必要な知識を習得しておこう。


まず、日曜大工用品や園芸用品を販売するお店の「ホームセンター」はオンライン和英辞書や英語学習サイトでどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「ホームセンター」
インターネット上の主な英語訳
1. do-it-yourself store / DIY store
2. hardware store
3. home center
4. home improvement center/retailer/store
訳語が見つかった辞書・サイト
アメリカで10倍うまく立ち回る方法
bab.la(辞書)
CanCam.jp
DMM英会話なんてuKnow?
デュープラー英語学院・オフィシャルブログ
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Hall In The Wall
HiNative
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
教えて!goo
Reverso Context(辞書)
田中英語塾講師の日記
ツイてる英語ブログ~幸せ脳イングリッシュ^^~
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
Yahoo!知恵袋
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「ホームセンター 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、主に4つの訳語が見つかりました。この中には日本語と同じ home center も含まれています。残りの3つは何が違うのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかった各表現の違いも含め、「ホームセンター」の英語について分かりやすく説明します。

広告

アメリカ vs イギリス

まず、アメリカでのホームセンターの呼び名が home improvement center/retailer/store です。improvement は「良くすること」という意味のため、「住まいを良くするためのお店」と考えると分かりやすいと思います。ただ、retailer はあまり一般の人が使う表現ではないため以降の説明からは除外します。

一方、イギリスでのホームセンターの呼び名が DIY store です。アメリカでも do-it-yourselfDIY という表現自体は使いますが、ホームセンターを DIY store とは呼ばないのが普通です。また、イギリスでもわざわざ do-it-yourself と表現する必要はないため、頭文字を使って DIY store と表現して大丈夫です。

hardware store はどちらの国でも使える表現ですが、このお店は home improvement center/storeDIY store とは基本的に違います(次のセクションで詳しく説明します)。

なお、今回調べた辞書・サイトでホームセンターの一般的な呼び名がアメリカとイギリスで違うことを説明しているものはありませんでした。

Bente Whyatt / Unsplash.com

↑本や動画でDIYの基礎知識を習得したら、必要な道具や材料をホームセンターに買いに行こう。

Hardware Store とは

hardware には「機器」や「装置」の意味もありますが、ここでは鍋、包丁、ノコギリ、シャベルなど「金物類 (金属製の器具や雑貨)」を意味します。そしてこれらの商品を売る小さめのお店の「金物屋」をアメリカでは hardware store と呼びます。

一方、イギリスでは主に金物類を意味する ironmongery という単語があるため、金物屋は ironmonger's または ironmonger と表現されます(ironmonger's は ironmonger's shop の略で、分かりやすい日本語にすると「金物を仕入れて売る人のお店」です)。

ただ、金物の専門知識のない店員が多いお店が増えたためか、ironmonger という言葉は使わず hardware shop と表現する人のほうが今では多いようです。そして #1 「お店」の shop と store の違いは何? で説明したとおり小規模でも store と名乗るお店はあるため、hardware store はイギリスでも使える表現です。

Home Improvement Store と DIY Store の登場

金物屋は地域によって今でもありますが、家の修繕など「住まいを良くすること (home improvement)」を「自分で行う (do it yourself)」ための商品をあまり置いていなかったため、大型店の home improvement storeDIY store がアメリカとイギリスでそれぞれ登場して普及することになりました。

今ではこれらの大型店の中に金物売り場の hardware/ironmongery section が存在していると考えると分かりやすいと思います。アメリカでは home improvement store のことを hardware store と呼ぶ人も多いと思いますが、この2つのお店は規模や品揃えの点で基本的に違うため、hardware store という表現は金物屋レベルのお店にだけ使うのが正しいと言えるでしょう。

なお、home improvement storeDIY store のような大型店は store ではなく center (アメリカ) または centre (イギリス) と名乗る場合もあります(小さいお店でもそう名乗るものがありますが)。このアメリカの home improvement center という表現の improvement を省略すると、日本語の「ホームセンター」と同じ home center になります。

つまり、「ホームセンター」を英語にするときは home improvement store (アメリカ) と DIY store (イギリス) を基本とし、金物屋レベルのホームセンターの場合は hardware store/shop、超大型のホームセンターの場合は home improvement center (アメリカ) または DIY centre (イギリス) と表現するなど、その状況に応じて単語を使い分けるのがいいでしょう(店名で呼ぶ状況のほうが多いと思いますが)。

Michal Jarmoluk / StockSnap.io

↑「本や動画で予習すべきだった...」と後悔するDIYビギナー。

Home Center は和製英語?

さて、日本語の「ホームセンター」と同じ home center という表現は実際に英語圏で使われているのでしょうか? 検索エンジンで「home center 和製英語」と入力して検索したところ、日本語版ウィキペディアを含め home center を和製英語と説明しているサイトがそれなりにありました。

一方、英語版ウィキペディアの『Home-improvement center』のページ冒頭には "A home-improvement center or home center is a retail store that..." という説明があり、home center という表現が英語圏のどこかで使われていることを示唆しています。

そして英語版ウィキペディアの『Hardware store』のページでは、『United States』のセクションで大型の hardware store について "Such stores are often referred to as home-improvement centers or home centers" と説明しています。つまり、少なくともアメリカにはホームセンターを home center と呼ぶ地域があるということですが、これは近年の傾向で日本のほうが先にそう呼んでいたのかもしれません。

もし「和製英語」が「日本で作られた英語」という意味であれば(そう解釈するのが普通だと思います)、結局のところ home center が和製英語かどうかは不明です。どの国よりも先に日本がそう呼び始めたのであれば和製英語と言えますが、それを調べる時間も気力も私にはありません。ただ、少なくとも英語圏の一部で現在使われている表現だということは確かです。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「ホームセンター」のアメリカとイギリスでの表現の違いが多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

もし英語の先生に「ホームセンターは和製英語です」と言われてしまったら、先ほどの英語版ウィキペディアのページを(そしてこのブログも)教えてあげるときっと感謝されるでしょう。