#42 「インテリアコーディネーター」の英語は本当に interior coordinator?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第42回は「インテリアコーディネーター」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Douglas Sheppard / Unsplash.com

↑このような美しいインテリアをコーディネートする職業の人を英語では何と言う?


まず、インテリアをコーディネートする職業の「インテリアコーディネーター」はオンライン和英辞書や英語学習サイトでどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

「インテリアコーディネーター」
インターネット上の英語訳
interior coordinator
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
Linguee(辞書)
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「インテリアコーディネーター 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、訳語が見つかった辞書のすべてが「インテリアコーディネーター」を interior coordinator と訳しています。「インテリア」も「コーディネーター」も英語のため当たり前と言えば当たり前ですが、この表現は実際に英語圏で使われているのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトが載せていなかった情報や表現も含め、「インテリアコーディネーター」の英語について分かりやすく説明します。

広告

インテリアは「コーディネート」できる?

まず、coordinate という動詞には服装やインテリアの色や素材など2つ以上のものを「調和させる」という意味がありますが、室内全体を意味する名詞の interiorcoordinate するという表現は違和感があるためか、例えば室内のいろいろな色を互いに調和させるという意味で "coordinate (the) interior colo(u)rs" のように表現するのが普通です。

つまり、英語では "coordinate the interior" (室内を調和させる) とは普通言わないことになりますが、そうなるとインテリアをコーディネートする職業の「インテリアコーディネーター」は英語で何と表現すればいいのでしょうか?

日本で「インテリア」という文字が含まれる職業

さて、日本で「インテリア」という文字が名称に含まれる職業は、インテリアコーディネーターについて今回調べた際に確認できたものだけでも5つあります。以下は、その職業名をアイウエオ順に並べて英語表記も載せ、さらに仕事内容と強引に漢字化した職業名も加えたものです。

1. インテリアコーディネーター(interior coordinator/室内調和者)
住宅、店舗、オフィス、公共施設などのインテリア計画の作成や商品選択のアドバイスをする職業。
2. インテリアスタイリスト(interior stylist/室内演出家)
テレビのスタジオや雑誌の撮影現場などの内装スタイリングを行う職業。
3. インテリアデコレーター(interior decorator/室内装飾家)
室内空間を総合的に飾り付けながら構成・演出を行う職業。
4. インテリアデザイナー(interior designer/室内設計者)
室内空間の環境設計やインテリア用品の設計を行う職業。
5. インテリアプランナー(interior planner/室内計画者)
住宅、店舗、オフィスなどの室内の設計を行う職業。

この中の1のコーディネーターと3のデコレーター、4のデザイナーと5のプランナーはそれぞれ仕事内容が似ている印象がありますが、職業一覧を載せた主なウェブサイトには1のコーディネーターと4のデザイナー以外は載せていないものもあるため、日本ではこの2つが主な「インテリア」職だと言えるでしょう。

なお、この5つの職業のいずれも資格は必須ではないようですが、取得するほうが有利なため多くの方が取得されているようです。

Roman Samborskyi / Shutterstock.com

↑カラーコーディネートが楽しそうなこの女性はインテリアコーディネーターに違いない。

アメリカのインテリアコーディネート系の職業

さて、アメリカで一般的に知られているインテリアコーディネート系の職業は4の interior designer (インテリアデザイナー) と3の interior decorator (インテリアデコレーター) の2つだけです。アメリカの多くの州ではインテリアデザイナーに対して資格の取得を必須条件としているようですが、インテリアデコレーターは資格を取得する必要がありません。

一般の人の中にはこの2つの職業が全く同じものと誤解している人もいますが、仕事内容は重なる部分があるのも事実です。インテリアデザイナーの中にはインテリアデコレーターの仕事の室内装飾を行う人もいますが、壁や窓の位置を変えるなど空間・構造的デザインの変更は資格を持つインテリアデザイナーにしかできません。

wavebreakmedia / Shutterstock.com

↑真面目に聞いてなさそうな新婚カップルに色のコーディネートについてアドバイスするインテリアデザイナー。

イギリスのインテリアコーディネート系の職業

イギリスで一般的に知られているインテリアコーディネート系の職業はインテリアデザイナーだけですが、アメリカと同じようにインテリアデコレーターも存在します。

注意すべき点は、アメリカでは interior を付けずに "a decorator" と表現してもインテリアデコレーターの意味になるのに対し、イギリスではそう表現すると「塗装・壁紙張り業者」の意味になってしまうことです。一方、"an interior decorator" と表現するとアメリカのように「室内装飾家」と捉える人と、「室外の作業はしない塗装・壁紙張り業者」と捉える人に分かれます(後者の解釈のほうが普通のようです)。

つまり、イギリスではアメリカや日本で「インテリアデコレーター」や「インテリアコーディネーター」と呼ばれる人たちが行う室内装飾を多くのインテリアデザイナーが仕事の一部として行っていることになります。

MonicaVolpin / Pixabay.com

↑イギリスのデコレーターはこのような危険な職業なのだ(全員がこれをやるわけではないですが...)

日本の「インテリアコーディネーター」は英語でどう表現する?

インテリアデコレーターの資格について説明した日本語のウェブサイトの中にはインテリアデコレーターとインテリアコーディネーターの仕事内容に大きな違いはないと説明しているものもあるため、インテリアコーディネーターという日本の職業は英語で interior decorator と表現するのが最適と言えるでしょう(ただし先ほど説明したとおりイギリスでは塗装・壁紙張りをする内装業者と誤解される可能性がありますが)。

なお、interior stylist は英語圏でも使える自然な表現で、オーストラリアでは先ほどの2の日本のインテリアスタイリストと違ってメディア関連の現場の内装スタイリングだけでなく住宅の室内スタイリングをする人も多いようですが、アメリカやイギリスでこの表現を使うと何らかの理由で自分を interior designer/decorator とは呼びたくない(または呼べない)人だと思われるかもしれません。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 多くのオンライン和英辞書で「インテリアコーディネーター」の訳語に少なくとも interior decorator が載ることを期待したいと思います。

インテリアコーディネーターの方々も少なくともアメリカでは interior decorator と名乗ったほうがすぐに職業を理解してもらえるため、英語版の名刺に "Interior Coordinator" と記載している方は今のうちに刷り直しておいたほうがいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました