#120 「家電」や「家電量販店」は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第120回は「家電」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

metamorworks / Shutterstock.com

↑「ねぇー、あなたー? この冷蔵庫は電気機器と電子機器のどっちなのかしらー?」(どちらにしても「家電」です...)


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「家電」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「家電」
インターネット上の主な英語訳
1. appliance(s)
2. consumer electric(al) appliance(s)
3. consumer electronics
4. home appliance(s)
5. home electric(al) appliance(s)
6. home electronics
7. household appliance(s)
8. household electric(al) appliance(s)
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)
goo(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
NativeCamp.Blog
Progrit Media
楽英学
Reverso Context(辞書)
Spin The Earth
Weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「家電 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、主に8つの訳語が見つかりました。このうち6つが appliance(s)、残りの2つが electronics という単語で終わっています。この中のどれが「家電」の正しい英語なのでしょうか?

以下では、家電の種類や主な製品、そして「家電量販店」や「家電売り場」の表現も含め、「家電」の英語について分かりやすく説明します。

広告

「家電」は何の略?

まず、「家電」は主な国語辞書で「家庭用電気製品」や「家庭で使う電気器具」、日本語版ウィキペディアの『家電機器』のページでは「主に家庭で使用される電子機器・機械」と説明されているため、「家」は「家庭用」の略だと分かるものの、「電」は「電気 (electric(al))「電子 (electronic)のどちらなのか不明な状態になっています(家電量販店ではどちらも売っているので両方に該当すると考えておきましょう)。

また、「電気/電子」に続く言葉も「製品 (product)」「器具 (appliance など)」「機器 (equipment など)のどれなのか不明な状態になっていますが、以降では分かりやすいよう「機器」に統一したいと思います(「機器」には appliance や device も使えます)。

Dave Clark Digital Photo / Shutterstock.com

↑この電話機も家電だが、「家の電話」を意味する「家電 (いえでん)」でもある(その場合の英語は home phone)。

「家電」は英語で何と言う?

では、「家庭用電気・電子機器」という意味での「家電」の英語は何でしょうか?

「家」の部分は home (家、家庭) または household (世帯、家庭) と表現しますが(「家庭内」を意味する domestic も同じ意味で使えます)、「電」の部分は少し厄介で説明が必要です。

英語版ウィキペディアには今回見つかった主な訳語の4の home appliance と同じ『Home appliance』というページがありますが、そのページでは家庭用の電気・電子機器を3タイプに分けています。そしてその他のサイトの情報や一般消費者の意見も合わせると、各タイプに含まれる主な製品は次のようになります。

A: small (electrical) appliances(小型電気機器)
- blender: ミキサー ※イギリスでは liquidiser も同じ意味。
- coffee maker: コーヒーメーカー
- juicer: ジューサー
- rice cooker: 炊飯器
- toaster:トースター
- vacuum cleaner: 掃除機 ※イギリスでは hoover とも表現。
B: major (electrical) appliances(大型電気機器)
※日本語の「白物家電」に該当する white goods という表現もあり。
- air conditioner: エアコン ※ただし前回説明したとおり普通は「クーラー」を意味する。

- (clothes/tumble) dryer: 衣類乾燥機
- dishwasher: 食洗器(食器洗い機)

- microwave (oven): 電子レンジ
- refrigerator: 冷蔵庫 ※略称は fridge
- washing machine: 洗濯機 ※略称は washer
C: consumer electronics (略称: CE)(消費者向け電子機器)
※日本語の「黒物家電」と同じく一般の人はまず知らない brown goods や black goods という表現もあり(今でも業界用語として使われているのかは不明)。
- DVD player: DVDプレーヤー

- digital camera: デジタルカメラ
- personal computer: パソコン ※略称の PC はWindowsパソコンを意味することが多い。
- printer: プリンター
- (tele)phone: 電話機(携帯/スマートフォン含む)
- television: テレビ ※略称はもちろん TV。イギリスでは telly とも略す。

このようにAとBの「電気機器」だけでなくCの「電子機器」も home appliance に含まれていますが、同じ英語版ウィキペディアでも簡易版(Simple English Wikipedia)ではCが含まれておらず、ブリタニカ百科事典や主な英英辞書の home appliancehousehold appliance の定義にもCの説明は見られません。また、appliance のお店や売り場を紹介したYouTube動画の中で見られるのもAとB(特に大型のB)だけです。

appliance という単語は本来は単に「用具」や「器具」を意味するため、手動の泡立て器やCの電子機器にも該当します。ただ、普通はAやBの(特に台所用の)電気機器に使われるため、Cの electronicselectronic appliances ではなく electronic devices の略とされています(device は電子機器に使われることが多いですが、これも本来は単に何かの目的のために作られた器具を意味する単語です)。

つまり、「家電」の英語は「家電」という日本語が何を意味するのかによって次のように変わります。

「家電」の英語は?

1. AとBの「家庭用電気機器」だけを意味する場合は home appliances(機器1つであれば単数形)。

2. AとBに加え、Cのうち外出時ではなく家で使うのが普通の「家庭用電子機器」(固定電話機やテレビなど) も含む場合は home electronics and (home) appliances

3. 次のセクションで説明するようにA~Cのすべてを意味するのであれば (consumer) electronics and (home) appliances(consumer だけを省略する場合はこの語順のほうが誤解されないはず)。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑家よりも外で使うほうが多いデジカメ、ノートパソコン、スマホ。これらも売るお店がなぜ「家電量販店」?

「家電量販店」や「家電売り場」は英語で何と言う?

家電量販店では先ほどのAとBの home appliances (家庭用電気機器) もCの consumer electronics (消費者向け電子機器) も売っています。そしてCにはDVDプレーヤー、固定電話機、テレビなど「家庭用」と言える home electronics (家庭用電子機器) だけでなく、デジタルカメラ、ノートパソコン、スマートフォンなど外に持ち出して使うほうが普通のため「家庭用」と表現するには違和感のある製品も含まれています。

つまり、A~Cのすべてを量販するお店は本当は「家庭用電気機器および(家庭用も含む)消費者向け電子機器量販店」となるはずですが、それでは長すぎるため「家電量販店」と略しているのかもしれません。いずれにしても、アメリカやイギリスでは家庭用/消費者向け電気・電子機器に特化した量販店は日本と違って多くないためか、そのようなお店はカテゴリー名ではなく店名で呼ぶのが普通です。

Dmitry Kalinovsky / Shutterstock.com

↑「ねえ、ここみたいなお店は何て呼ぶのよ?」「特に決まった言い方はありませんが...

「家電量販店」を英語にする場合、どうしても「量販 (=大量販売)」の部分も入れたい場合は volume-sales などの説明的な表現を使うよりもお店を large と表現するほうがいいと思います(それだけで商品を量販できる大型店を意味します)。また、home と consumer は省いても家庭用/消費者向けと解釈されるのが普通のため、できるだけシンプルにしたければ (large) appliance and electronics store と表現できます。

そしてチェーン店ということを伝えたければ store の前に chain を加え、「超大型店/巨大店」と言いたければ store の代わりに superstore/megastore を使えばいいでしょう。「家電売り場」の場合は #115 「売り場」は英語で何と言う? で説明した「売り場」の単語を store の代わりに使うだけです。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? これで「家電」や「家電量販店」の英語にはどの表現を使えばいいか分かりやすくなったかもしれません。

今回の内容を読んで外出先で使うほうが多い商品まで「家電」と呼ぶのに違和感を感じるようになったからといって、家電量販店の店員さんに「スマホも本当に家電ですか?」などと聞くと変な人だと思われるのでやめておきましょう...