#31 「レースカーテン」の英語は本当に lace curtain?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第31回は「レースカーテン」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Petter Rudwall / Unsplash.com

↑日本で「レースカーテン」と呼ばれている薄くて透けたカーテン。本当に英語でも "lace curtain"?


まず、「レースカーテン」と呼ばれるカーテンはオンライン和英辞書や英語学習サイトでどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「レースカーテン」
インターネット上の主な英語訳
1. lace curtain
2. net curtain
3. sheer curtain
訳語が見つかった辞書・サイト
CURTAIN CALL COLLECTION
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)
なるほど!訳語発見+英語屋さん最後の挨拶
産業翻訳だよ! 全員集合(辞書)
weblio(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「レースカーテン 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、主に3つの訳語が見つかりました。この中には日本語と同じ lace curtain も含まれています。英語圏でもこの表現を使えばいいのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかったアメリカとイギリスでの表現の違いも含め、「レースカーテン」の英語について分かりやすく説明します。

広告
広告

日本の「レースカーテン」

まず、次のA~Cのカーテンはそれぞれ日本で何と呼ばれているでしょうか?

A. 窓の外が透けて見える「無地」のカーテン
B. 窓の外が透けて見える「シンプルな縞模様や格子柄」のカーテン
C. 窓の外が透けて見える「植物などの複雑な模様」のカーテン

これらはすべて「レースカーテン」と呼ばれていないでしょうか? 少なくとも、主なカーテン販売サイトでは薄くて透けたカーテン全体のカテゴリーにこの「レースカーテン」という言葉が使われています。

本物のレースカーテン

では、そもそも「レース (lace)とは何でしょうか? 主な国語辞書では「糸で網目状の透かし模様を編み、布状にしたもの」のように説明されていますが、百聞は一見に如かずということで次の写真をご覧ください。

Lady_Lifies / Shutterstock.com

↑背景が白でなかったらもっと分かりやすかった「レース (lace)」の写真。

先ほどCのカーテンの説明に「植物などの複雑な模様」という表現を使いましたが、それはこの写真のような模様をイメージしたものでした。

このCの複雑な模様のレースカーテンは大きく2つのタイプに分けることができ、1つは今の写真のような本物のレース生地を使った本物のレースカーテンです。これは「レースカーテン」ではなく「レースのカーテン」と表現するほうが分かりやすいと思いますが、英語ではこのタイプのカーテンを lace curtain と呼びます。

Cのもう1つのタイプはレース模様が全体または一部に使われている薄くて透けた合成繊維のカーテンで、これを分かりやすい日本語にすると「レース模様のレースカーテン」という不思議な表現になります。

レース模様のレースカーテン

では、このレース模様のレースカーテンは英語で何と言うのでしょうか? 本物のレースカーテンではないものの、レース模様が入っているので同じく lace curtain と呼ぶことができます。ただ、レース模様が少ないとそう呼ぶのに抵抗を感じる人や、本物のレースカーテンしか lace curtain と呼ばない人もいます。

つまり、このレース模様のレースカーテンは本物のレースカーテン (Cのタイプ1) と同じく lace curtain と呼ばれる可能性もあれば、レース生地・模様ではないのに日本でレースカーテンと呼ばれている無地やシンプルな模様の透けたカーテン (AやB) と同じ呼び名が使われる可能性もある曖昧な存在なのです。

では、そのAやBの「レース生地・模様ではないのに日本でレースカーテンと呼ばれているカーテン」は英語で何と呼ばれているのでしょうか?

Kathryn Osygus / Unsplash.com

↑「レース模様のレースカーテン」を頭にかぶって遊ぶ女性。(いやこれはベールです...)

レース生地・模様ではないのに日本でレースカーテンと呼ばれているカーテン

このAやBのレース生地・模様ではないのに日本でレースカーテンと呼ばれているカーテンは、アメリカ英語で sheer curtain、イギリス英語では net curtain と呼ばれています(sheer は「とても薄い」、net は日本語の「ネット」と同じ「網状のもの」という意味です)。

カーテンは2枚以上で使うのが普通のため複数形で sheer curtains や net curtains と表現されますが、略して sheersnets とも呼ばれます(状況や人によって略称では通じない場合があります)。

今回調べた辞書・サイトで「レースカーテン」の英語にこの sheer curtain と net curtain のどちらかを載せているものは3つありましたが(『CURTAIN CALL COLLECTION』『英辞郎 on the WEB』『なるほど!訳語発見+英語屋さん最後の挨拶』)、両方載せているものやアメリカとイギリスで表現が違うことを説明しているものはありませんでした。

freestockpro.com / StockSnap.io

↑レース模様のウェディングドレスを着る彼女が触れているこの無地のレースカーテンは lace curtain ではない。

レース模様のレースカーテンを明確に表現したい場合

レース模様のレースカーテン (Cのタイプ2) も lace curtain と呼べると先ほど説明しましたが、同じく lace curtain である本物のレースカーテン (Cのタイプ1) と区別して表現するにはどうすればいいのでしょうか?

この場合はアメリカ英語では lace sheer curtain (レースのシアーカーテン)、lacy sheer curtain (レースのようなシアーカーテン)、または lace-patterned sheer curtain (レース模様のシアーカーテン) と表現し、イギリス英語であれば sheernet に変えるだけです。

ここまでレースカーテンを「本物のレースカーテン」「レース模様のレースカーテン」「レース生地・模様ではないのに日本でレースカーテンと呼ばれているカーテン」という3つのタイプに分けて説明してきましたが、インテリア業界では製法や加工によってこれらのカーテンはもっと細かく分類されていると思います。ただ、私たち一般消費者の間ではこの程度の分け方・理解で十分でしょう。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「レースカーテン」のアメリカとイギリスでの表現の違いが多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

レース生地やレース模様ではないのに「レースカーテン」と呼ぶのは矛盾していますが、イギリス英語の net curtain を日本語で「ネットカーテン」と呼ぶと何やらネット接続可能な次世代カーテンと誤解されそうですので、日本ではアメリカ英語の「シアーカーテン」を使うほうがいいでしょう。

実際、インテリア業界ではこのタイプのレースカーテンを「シアーカーテン」と呼ぶのが正しいとされているようですが(一部のメーカーはその名称で販売しています)、業界の方でも普段は「レースカーテン」と呼んでしまうようです。