#46 「マウスピース」は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第46回は「マウスピース」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Atikh Bana / Unsplash.com

↑「マウスピースのお手入れを忘れずに」とクールにアドバイスし、マウスピースと一緒に写真に写る男性。


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「マウスピース」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「マウスピース」
インターネット上の英語訳
1. embouchure
2. gumshield
3. mouthguard
4. mouthpiece
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
CUERBO(辞書)
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
Linguee(辞書)
Reverso Context(辞書)
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「マウスピース 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、4つの訳語が見つかりました。この中で圧倒的に多かったのはもちろん mouthpiece です。ただ、マウスピースには種類がいくつかあり、面倒なことに多くの別名を持つタイプもあります。

以下では、今回調べた辞書・サイトが載せていなかった表現も含め、「マウスピース」の英語について分かりやすく説明します。

広告

Mouthpiece とは

まず、mouthpiece とは口(と鼻)にかざす・当てるかまたは挿入して使う部分のことで、例えば酸素マスクの口と鼻にかぶせる部分や管楽器などの口にくわえる部分がこれに該当します(口ではなく耳の場合は #14 「イヤホン (カナル型含む)」は英語で何と言う? で説明した "earpiece" になります)。

このような本体の一部としてのマウスピースではなく、全体を口の中に装着するマウスピースとして日本で最も知られているのがボクシングやアメリカンフットボールで歯などを保護するために使われるマウスピースです。また、歯ぎしり防止や睡眠時無呼吸症候群の軽減のために口の中に装着するものもマウスピースの一種です。

このようにマウスピースにはいろいろな種類があるため、どのタイプのことなのかを明確にするには別の表現を使うほうがいい場合もあります。

it's me neosiam / StockSnap.io

↑耳に当てる部分が earpiece で口に当てる部分が mouthpiece。スマホはもうどこがその部分か分からない?

Embouchure, Gumshield, Mouthguard

管楽器などのマウスピースを意味するのが1番目の embouchure で、日本語でも「アンブシュール」と呼ばれているようです。

スポーツで特にボクシングのマウスピースを指すのが2番目の「歯茎を保護するもの」を意味する gumshield で、日本語でも「ガムシールド」と表現することがあるようですが普通は「マウスピース」と呼ぶと思います。ただ、このように歯やその周辺を保護するために使うマウスピースは「口を保護するもの」を意味する3番目の mouthguard が最も一般的な表現です。

また、現代ストレス社会の必須アイテムと言ってもいい歯ぎしり防止用のマウスピースにも mouthguard という表現が一般的に使われ、日本でも「歯ぎしりマウスガード」などの名前で売られている商品がありますが、スポーツ用のマウスピースと区別するために別の表現が使われることもあります。

今回調べた辞書・サイトで「マウスピース」の英語にこの mouthguard を載せているものは2つだけでした(『Glosbe』『weblio』)。

LightField Studios / Shutterstock.com

↑この空手ファイターが手にしているマウスピースは歯ぎしり防止用にそっくりだが、別に間違えて買ったわけではない。

多くの別名を持つ Mouthguard

英語版ウィキペディアの『Mouthguard』のページには、歯や歯茎の保護に使うマウスピースの名称としてこの mouthguard の他に mouth protectorgumguardnightguardocclusal splintbite splintbite plane など多くの表現が見られます(この他にも bite guard や bite plate と呼ぶ人もいます)。

この中で歯ぎしり防止用マウスピースの表現として知名度が高いのが nightguard で、日本でも「ナイトガード」として販売されていたり、この名称を使う歯科もあるためご存知の方も多いかもしれません。

このタイプのマウスピースは就寝中に装着するため night という表現が合っており(もちろん昼間に寝る人もいますが)、mouthguard のようにスポーツ用と誤解されることもありません。また、睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースも就寝中に装着しますが、guard (保護する) という表現はこの症状には合いません。

用途が分かる単語を付けて区別する

ただ、この nightguard は単に「夜間に守ってくれるもの」という意味のため、例えば友人に "That store doesn't have nightguards" (あの店に歯ぎしり防止用のマウスピースはないよ) と言うと「そうか、あの店には夜間警備員がいないのか。じゃあ忍び込んでやるか?」などとジョークで返されるかもしれません。

New Africa / Shutterstock.com

↑不審者を発見し、無線機のマウスピースに話しかける夜間警備員。

また、日本も含め大人用おむつ製品の名前やパッケージの一部にこの nightguard という表現を使っている国があり、これも夜間に守ってくれる製品という意味で正しい表現と言えます。

そのため、歯ぎしり防止用ということを明確にするには「歯(科)の」という意味で日本語でも「デンタル」と表現される "dental" を付けて dental nightguard や dental mouthguard と表現し、逆にスポーツ用のものは sports mouthguard と表現するのがいいでしょう。なお、mouthguardnightguardguard の前にスペースを入れて2語に分けても意味は変わりません。

進化するデンタルマウスピース

歯に装着するこのようなマウスピースは進化を続けており、歯のホワイトニングに使われるタイプもあれば歯列矯正用として「Invisalign」などの商品もあります。

この歯列矯正用のタイプは歯をきれいに「並べる (align)」のが目的で、透明色のため英語では clear alignerinvisible aligner と呼ばれています(Invisalign という商品名は invisible と align を合わせた合成語だと思います)。これらの表現もこの機会に覚えておくといいかもしれません。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? マウスピースを意味するいろいろな表現が出てきましたが、mouthguard だけでなく nightguard も「マウスピース」の英語として多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

気づかないうちに歯をすり減らしてしまう恐ろしい歯ぎしり。一生お付き合いする大切な歯を守るためにもこの機会に歯医者さんでナイトガードを作ってもらってはいかがでしょうか?