#89 「飲みきりサイズ」は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第89回は「飲みきりサイズ」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Srdjan Randjelovic / Shutterstock.com

↑飲みきりサイズのお酒を幸せそうに飲むホームレスのおじさん。


まず、小さなボトルや缶に入った飲み物を飲料メーカーなどが「飲みきりサイズ」と表現することがありますが、この言葉はオンライン和英辞書や英語学習サイトでどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「飲みきりサイズ」
インターネット上の英語訳
該当なし
訳語が見つかった辞書・サイト
該当なし
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「飲みきりサイズ 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、「飲みきりサイズ」の英語を載せている辞書・サイトは見つかりませんでした。一般的な表現ではないため、当たり前と言えば当たり前です。

以下では、「飲みきる」を意味するいくつかの英語表現も含め、「飲みきりサイズ」の英語について分かりやすく説明します。

広告
広告

「飲みきる」は英語で何と言う?

まず、先ほど書いたとおり「飲みきりサイズ」は飲料メーカーなどが使う言葉ですが、動詞としては「飲みきる」よりも「飲み干す」のほうが国語辞書や和英辞書で圧倒的に多く見つかります。

この「飲みきる/飲み干す」の主な英語には drink updrink downdown があり、例えば「それを(すべて)飲み干した」と言いたければ "I drank it (all) up""I drank it (all) down""I downed it (all)" と表現できます(どの表現を使うかは人によって違います)。もしゴクゴク飲んだのであれば、gulp という単語を使って "I gulped it (all) down" と表現します(これは飲み込むように食べる場合にも使えます)。

また、finish (終わらせる) や empty (空にする) という動詞を使って "We finished our drinks" (私たちはそれぞれ自分の飲み物を終わらせた) や "She emptied her bottle of wine" (彼女はワインのボトルを空にした) のように表現しても「飲みきる/飲み干す」と同じ意味になります。

Stacey Newman / Shutterstock.com

↑「もう空っぽかい...」と悲しそうな表情を見せる女性。

「飲みきりサイズ」は英語で何と言う?

では、「飲みきりサイズ」は英語でどう表現すればいいのでしょうか?「飲みきり」という言葉が含まれるものの、この場合は updown を使わずシンプルに drinkable size と表現するのがいいでしょう。drinkable は動詞の drink (飲む) に -able (~することができる) を合わせた単語のため、「(その人にとって) 飲めるサイズ」という意味になります(つまり「飲みきりサイズ」と同じです)。

ただ、アメリカやイギリスでこのような小さなサイズを「飲みきりサイズ」と表現することは普通ないため(日本でも一般消費者がそう呼ぶことはまずないと思いますが)、飲みきれるほど小さなサイズの飲料を探している場合などは普通に "a (very) small size" と表現するのがいいでしょう。

vvvita / Shutterstock.com

↑子猫にとってもこれは飲みきりサイズ?

なお、size は「サイズ」や「大きさ」と表現されるのが普通ですが、飲むことができるのは「大きさ」ではなく○○mlなど「(容)量」のため、drinkable size は実際には「飲める(容)量」になります。「容量」を意味する単語には他にも volumecapacity がありますが、このようなボトルや缶に入った飲料の容量を説明する際は sizeamount を使うことが多いです。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回は一般的な表現ではありませんでしたが、この「飲みきりサイズ」の英語が多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

飲みきりサイズの容量単価は普通サイズよりも高いと思いますが、飲みきれずに捨ててしまう分にまでお金を払うのは損ですので、飲む量が少ない人は積極的にこのサイズを利用しましょう。