#74 「ネット通販」の英語は本当に online shopping?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第74回は「ネット通販」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑ネットショップでネット通販を楽しむ女性たち。(ん? 今何か変な感じしませんでした?)


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「ネット通販」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「ネット通販」
インターネット上の英語訳
1. internet shopping
2. (mail-order) trading via the Internet
3. online retail sale
4. online shopping
5. sell over the internet
6. shopping on the Internet [Net]
訳語が見つかった辞書・サイト
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)
英会話カフェ
goo(辞書)
ハイキャリア
Reverso Context(辞書)
weblio(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「ネット通販 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、いろいろな訳語が見つかりました。この中で最も多かったのが online shopping です。これは本当に「ネット通販」なのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトの多くで見落とされていた点も含め、「ネット通販」の英語について分かりやすく説明します。

広告
広告

ネット通販 vs Online Shopping

まず、online shoppinginternet shoppingshopping on the Internet はすべてインターネット上で買い物をする「ネットショッピング」を意味します。「ネット上の」という形容詞には #33 「ネットショップ」と「ネットスーパー」は英語で何と言う? で説明したとおり online を使うのが普通のため、「ネットショッピング」の英語としては今回最も多く見つかった online shopping が確かに最適な表現です。

では、この「ネットショッピング」(または「オンラインショッピング」) と「ネット通販」は同じ意味なのでしょうか? どちらも同じとしている国語辞書やIT用語辞典がありますが、これは正しくありません。なぜなら、「ネットショッピング」は買う側から見た「ネットで買い物をすること」を意味するのに対し、「ネット通販」は売る側から見た「ネットで販売すること」を意味する表現だからです。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「ええ、ネット通販もやってますよ。その商品のページのURLをお教えしましょうか? (長すぎるなこのURL...)」

「ネット通販」は英語で何と言う?

さて、このように「ネット通販」はインターネットという通信網を使って商品を販売することを意味するため、5番目の sell over the internet (ネットで売る) や同じ意味でもっとシンプルな sell online でも正しい表現と言えるかもしれません(「ネット通販」は名詞のため sell を selling に変える必要がありますが)。

ただ、ネット通販は商品を消費者に直接売るスタイルのため、そのことを意味する「小売り」という表現を使うのが普通です。そしてこの「小売り」に該当する単語の retail を使って「ネット通販」は online retail (ネット上での小売り) や online retailing (ネット上で小売りすること) と表現されます。

なお、インターネットが「通信」するのは当たり前のため、「ネット通販」ではなく「ネット販売」と表現するほうが意味が重複せず適切だと言えるでしょう(ネットショッピングが始まる前から一般的だった「通販」という言葉にそのまま「ネット」をつなげてしまったのだと思います)。英語の場合は online retail(ing) という表現を見れば分かるとおり、「通信」を意味する communication という単語は含まれていません。

今回調べた辞書・サイトで「ネット通販」の訳語にこの retail という単語を使っているものは1つだけありましたが(『Reverso Context』)、表現は online retail sale になっていました。この sale は「(バーゲン)セール」の意味の他に単に「販売」という意味もありますが、retail という単語にこの意味が含まれているためわざわざ sale を付けて「オンライン小売販売」という重複した意味の表現にする必要はないでしょう。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「これは『販売中!』って意味なのね?」「いやいや、これはセール中って意味だよ」

もちろん「ネット通販」を「ネットショッピング」の意味で使うこともあると思いますので(正しい言葉の使い方とは言えませんが)、その場合は online shopping や internet shopping が適切な表現です。ただ、少なくとも和英辞書くらいは「ネット通販」の訳語にまず online retailonline retailing を載せ、online shopping も載せるのであれば「インターネット上で買い物をすること」と補足する必要があるでしょう。

なお、trading は売ることだけでなく買うことも意味するため、2番目の trading via the Internet は「ネット通販」ではなく「ネット売買」になるでしょう。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「ネット通販」と「ネットショッピング」の意味の違いや適切な英語訳が多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

ネット通販を普段から利用されている方は、あくまでも「通信販売を利用している」のであって「通信販売している」のではないことを意識しながらネットショッピングを楽しみましょう。