#9 「社長」の英語は本当に president や CEO?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第9回は「社長」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

geralt / Pixabay.com

↑いつからか日本でも「CEO」という肩書きが使われるようになったが、あなたの会社の社長は本当に president や CEO?


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「社長」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

「社長」
インターネット上の主な英語訳
1. boss
2. CEO
3. chief operating officer (COO)
4. company president
5. director
6. director-general
7. executive director
8. executive head
9. head of a company
10. manager
11. managing director
12. president (of a company)
13. presiding officer
訳語が見つかった辞書・サイト
アメリカ発 ビジネス現場の英語
bab.la(辞書)
CUERBO(辞書)
EIGORIAN.NET
英辞郎 on the WEB(辞書)
英会話スクール比較ナビ
英これナビ

Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
メール通信講座 英語de日記
マナラボ
MYスキ英語
Reverso Context(辞書)
砥石と研削研磨の情報サイト
Weblio(辞書)
Weblio英会話コラム
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「社長 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、訳語がずらりと並びました。「社長」を英語にしたいだけなのに、これではどの表現を使えばいいか迷ってしまいます。なぜ president だけではいけないのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかった中小企業の例も含め、「社長」の英語について分かりやすく説明します。

広告

President が存在しない?

まず、「社長」の英語として有名な president という肩書きはイギリスの会社では普通使われず、managing director や省略の MD が使われます。また、アメリカの president という表現は大企業の社長のイメージがあるためか、中小企業が自社の社長を president と表現すると大げさに感じるイギリス人が結構います。

アメリカでは presidentCEO (最高経営責任者) を兼任する場合もあれば、presidentCEO が別々にいることもあるため、イギリスの managing director はアメリカの presidentCEO のどちらにも該当する場合があります(CEO は chief executive officer の略です)。

また、アメリカの中小企業では法律上は president でも普段の業務では別の肩書きを使う人もいるため、その場合も社長を president と呼ばないほうがいいかもしれません。

Jira / Rawpixel.com

↑体に悪い姿勢でSNSに没頭する社長。

誰が社長?

国語辞書や日本語版ウィキペディアなどの説明を読むと、「社長」は会社の日々の業務執行における最高責任者だということが分かります。そのため、「最高業務執行責任者」を意味する chief operating officer (COO) を「社長」と考えることもできます。

アメリカの大企業では board of directors (取締役会) とその会長の chairman (この "man" を「男性」と解釈する人の場合は chairperson)、CEO (最高経営責任者)、COO (最高業務執行責任者) という順序で地位が低くなっていきますが、会社が小さめであれば presidentCEO を兼任したり、大きければ chairmanCEO を兼任するなど(その場合は president が COO を兼任)会社によって状況が多少違うようです。

そのため、アメリカでもイギリスでも役職名が明確な場合はその役職名(CEO、COO、president、managing director など)を使い、例えば "He is COO of a pharmaceutical company" (彼は製薬会社の最高業務執行責任者です) のように表現するのがいいでしょう。

「会社のトップ」という意味での「社長」

では、役職名が分からない場合や中小企業の場合でも迷わず使える「会社のトップ」という意味での「社長」は英語で何と言うのでしょうか?

そもそも「社長」という役職は日本の会社法では定められておらず、単に「会社という組織の長」を意味する言葉にすぎません。「長」は集団を統率する人を意味し、その同義語の「頭 (かしら)」は英語で head です。

そのため、取引先の規模や所在地 (国) によって表現を使い分けなくても、the head of your company と表現すればそれは相手の会社のトップの人を意味します。つまり、少なくとも中小企業であればそれは「社長」を意味します。今回調べた辞書・サイトで「社長」の英語にこの head (of a company) を載せているものは4つだけでした(『英辞郎 on the WEB』『MYスキ英語』『砥石と研削研磨の情報サイト』『Weblio』)。

geralt / Pixabay.com

↑「社長」とは、「会社」という組織の「長」なのである。(だから腕組みをして上から目線でもいいわけだ...)

大企業の場合は誰がトップ?

大企業の場合は board of directorschairmanCEOpresident など head と呼ぶべき対象が人によって違うかもしれませんが、普通は(取締役会とその会長を除いた)従業員にとっての最高責任者に使われると思います(実際、アメリカの大企業で CEO や president を "the head" と呼ぶ会社はあります)。

なお、boss も「社長」の意味で使えますが、これは親しい間柄やくだけた雰囲気の場以外では避けたほうがいい表現です。また、headboss も役職名ではないので注意が必要です。

日本の中小企業の「社長」の役職名にはどの英語を使うのがいい?

最後に、日本の中小企業の社長の役職名にはどの表現を使うのが一番いいのでしょうか?

取引先が主にアメリカ企業であれば、社員が数名の小さな会社でも堂々と president と名乗っていいと思います。たまにイギリスの企業と取引をする際に「大げさ」だと思われても気にしなければいいのです。

逆に取引先が主にイギリス企業の場合は、社員が数名の小さな会社であれば manager または director を使い、社内が部門に分かれているような中規模の会社(や大企業)であれば managing director を使うのがいいでしょう。これらの表現はアメリカでは「社長」の意味には普通なりませんが、アメリカ人に違和感を持たれたら「実は弊社はブリティッシュ派なんです」と言っておけばいいのです。

ただ、たまに取引をするアメリカ企業に対して (managing) director と表現したり、逆にイギリス企業に対して president と表現して違和感を持たれるのが嫌な方もいると思います。その場合は先ほどの head を使い、社員の方であれば "{社長の名前} is the head of our company"、社長本人であれば名刺には役職名を書いておきながら会話などでは "I'm the head of this company" のように表現するといいでしょう。

もちろん、わざわざ「社長」に該当する名詞を使わなくても "I manage this company" と表現するだけで自分が社長だということを伝えることができます。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「社長」を意味する英語や訳語の使い分けが多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

英語圏でも国によって表現が違うのは本当に面倒だと思います。誰かYouTube動画などで "shacho" という言葉を「社長」の意味で世界中に広めてくれると、日本の中小企業の社長は取引先がどの英語圏の国の企業でも迷わず名刺に "Shacho" と書けるようになるでしょう。

なお、日本語の「班長」が語源の "head honcho" という「(会社などの) 組織のトップ」を意味する口語表現があることも併せて覚えておきましょう。