#198 『セール中』や『特売で買う』は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。第198回は「セール」「特売」の英語についてです。

◆当ブログはアメリカ英語とイギリス英語が対象です。その他の英語では表現が違うことがありますのでご注意ください。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑discount は「割引き」で save は安く買って「得する」こと。では sale と special offer は?


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「セール中」というフレーズはどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをアルファベット順に記載します。

広告
「セール(開催)中」
インターネット上の英語訳
1. have/having a sale
2. on sale
訳語を載せた辞書・サイト
DMM英会話なんてuKnow?
Hapa Eikaiwa 英語学習コラム
Weblio(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「セール中 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、have/having a saleon sale の2つの訳語が見つかりました。これらは本当に「セール中」なのでしょうか? また、「セール中に買った」や「特売で買った」はどう表現すればいいのでしょうか?

以下では、on saleat/in a sale のアメリカとイギリスでの使い方の違いも含め、「セール」や「特売」の英語について分かりやすく説明します。

広告

On Sale ≠ セール中/特売中

まず、#184 『(好評)発売中』や『(絶賛)販売中』の英語は for sale, on sale, in store now などのどれ? でも説明した次の for saleon sale の違いを見ても分かるとおり、「セール中」の英語として今回見つかった on sale はアメリカでもイギリスでも「セール中」や「特売中」を意味するとは限りません。

アメリカ
be for sale は「売り物です」、be on sale は「特売中」を意味する。ただし be on sale は鑑賞・観戦チケットの場合やそれ以外でも販売が開始されたことが分かる状況では「発売中」を意味する。動詞が gogo on sale は「特売になる」ではなく必ず「発売になる」を意味する。
イギリス
be for sale はアメリカと同じく「売り物です」、be on sale/be on offer は商品としてお店などで「販売中」、be on special offer は「特売中」を意味する(特売中と分かる状況では special は省略可)。ただし同じく特売中と分かる状況ではアメリカの影響で be on sale を使う人もいる。

つまり、例えば広告などに "Tickets Now on Sale!" と書かれていたらそれは「発売中」の意味であり(チケットは「特売」することは普通ない)、イギリス人が "The items are on sale" と言っていたらそれは(特売中だと分かる状況以外では)単に「販売中」を意味している可能性が高いということです。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「じゃあこれはどっちの意味なの?」「この場合は明らかに『セール中』だね」

Sale が「特売」を意味する場合でも「セール」とは限らない?

では、例えばアメリカ人が "I got it on sale" やイギリス人が "I got it on (special) offer" と言っていたら(got の部分は以降も含め bought も可)、それは「セールで買った」という意味なのでしょうか?

日本語の「セール」は最低でもいくつかの商品が一斉に安売りされていることを意味するのが普通だと思いますが、英語ではその型番の商品だけが安売りされていた場合でも "I got it on sale" (アメリカ) や "I got it on (special) offer" (イギリス) と表現できます。日本語ではこの場合は「特売/特価で買った」と言うと思いますが、on sale はこの「特売で」を意味し、「特価で」であれば at a special price と表現します。

では、複数の商品が一斉に安売りされていて「セールで買った」と言いたい場合はどうすればいいのでしょうか? あえて実店舗でのセールだったと言いたい場合は "I got it at a sale"、日本語の「セールで買った」と同じく実店舗とインターネット上のお店の両方に使える表現はイギリスであれば "I got it in a sale" になります(アメリカでは in は普通使わないため、インターネット上のセールであれば during が無難です)。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「イギリスでは in なのか~」「ちなみに多くのお店が安売りをしていたときに買ったと言いたければ in the sales だよ」

このように sale という単語を「1回、2回」と数えられる日本語の「セール」と同じ意味にするには「1回」であれば a を付ける必要があり、a のない on sale は先ほど説明したとおり単にその商品が特売だったことを意味します(他の商品も安売りする「セール」だったかどうかはこのフレーズだけでは分かりません)。

一方、同じく今回見つかった訳語に含まれている having a sale は「セール中」を意味する正しい表現で、例えば「あのお店はセール中です」と言いたければ "That store/shop is having a sale right now" と表現できます(store と shop の違いは #1 『お店』の shop と store の違いは何?、「バーゲンセール」やその他のセールの英語は #132 『バーゲンセール』は本当に和製英語? で説明しています)。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? これで「セール」や「特売」の英語表現の違いが分かりやすくなったかもしれません。

日本語の「セール」と違って英語の sale は国や状況によって意味が変わったり、a が付かないと「セール」を意味するとは限らない点が本当に面倒だと言えるでしょう(a が付いてもセールではなく「(1回の) 売り上げ」などを意味する場合もあります)。

広告
広告
新着順
英語クイズ&お知らせ配信中
Eiton English Vocablog
タイトルとURLをコピーしました