#41 「しゃもじ」は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第41回は「しゃもじ」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

aonip / Shutterstock.com

↑私たちの多くが普段からお世話になっている「しゃもじ」。さて英語では何と言う?


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「しゃもじ」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

「しゃもじ」
インターネット上の主な英語訳
1. rice ladle
2. rice paddle
3. rice scoop
4. rice spatula
5. rice spoon
6. shamoji
7. wooden spoon
訳語が見つかった辞書・サイト
All About ビジネス・学習
bab.la(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
eigonary(辞書)
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
HiNative
Linguee(辞書)
Reverso Context(辞書)
とっとと英会話
weblio(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「しゃもじ 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、いろいろな訳語が見つかりました。この中には日本語と同じ shamoji も含まれています。一体どの表現を使えばいいのでしょうか?

以下では、今回訳語が見つかった辞書・サイトで説明が見られなかった各表現の意味の違いも含め、「しゃもじ」の英語について分かりやすく説明します。

広告

「しゃもじ」とは

まず、国語辞書の「しゃもじ」の説明には「飯や汁をすくう」という表現が見られます。ご存知のとおり汁をすくうものは「おたま」と呼ぶのが(今では)普通ですが、少なくとも国語辞書の説明ではこのようにおたまもしゃもじとされているため、ladle (おたま) という単語を使った rice ladle も「しゃもじ」の英語として間違いとは言えないでしょう。

ただ、このページを見ている方が知りたいのは「おたま」の英語名ではなく、ご飯をよそるのに使うしゃもじの英語名だと思います。

どの国のしゃもじ?

「○○は英語で何と言うのですか?」と尋ねるときは、どの国のどのような状況でその言葉を使いたいのかを明確にすることが重要です。今回調べた英語学習サイトの1つでは、質問者がその点を明確にしていないためかいろいろな国(または家庭)のしゃもじの表現が回答者たちから挙げられていました。

それはそれで参考になりますが、私たちが日本のご飯をよそるのに使うあのしゃもじの英語名を知りたい人にとっては求めていた答えが得られなかったかもしれません。例えば、spoon (スプーン) や ladle (おたま) は日本のもっちりした粘着性のあるご飯ではなくスプーンやおたまでないとすくえないパラパラしたご飯やスープご飯を主に食べる国・地域で使われているしゃもじのことだと思ったほうがいいでしょう。

Chanikarn Thongsupa / Rawpixel.com

↑日本のしゃもじを使うとポロポロこぼれ落ちてしまいそうなベビースターラーメン風のご飯。

同じく小スコップやアイスクリームディッシャーのようなすくう部分が深いものをイメージさせる scoop という単語も、日本のしゃもじを表現するには適切とは言えないでしょう。また、ご存知のとおり日本のしゃもじは必ずしも木製ではないため、wooden という形容詞も適切ではありません。多くの家庭で使われている炊飯器付属のしゃもじはほとんどがプラスチック製だと思います。

Evan Lorne / Shutterstock.com

↑"rice scoop" と表現するとこれと誤解されるかもしれない。

日本のしゃもじ

では、私たちが食べるもっちりしたご飯をよそるのに使うあのしゃもじは英語で何と表現すればいいのでしょうか? 答えは簡単で、そのしゃもじが何に見えるかを基準に言葉を選べばいいのです。

私は炊飯器に付いてきた標準的な平たいプラスチック製のしゃもじを使っていますが、それを rice spoon とは呼びたくありません。なぜなら、私にとって spoon は日本語の「スプーン」と同じくすくう部分が適度に窪んで液体を1滴もこぼさずに保持できるものだからです。もし冒頭の写真のようなしゃもじを rice spoon と呼んでしまったら、あの「スプーン」と同じ形をしたしゃもじと呼び分けることができないではありませんか?

Africa Studio / Shutterstock.com

↑このしゃもじなら "rice spoon" と呼びたい。

つまり、スプーンの形をしたしゃもじ(木製含む)を使っている人は (wooden) rice spoon と呼ぶのが一番いいということですが、今回見つかった訳語に含まれている wooden spoon は単に「木製のスプーン」という意味のため、例えば英語圏の国で食器や台所用品を販売しているお店に行って "Excuse me, I'm looking for a wooden spoon" と店員に伝えても単に木製のスプーンを探していると思われるでしょう。

Kawin Harasai / StockSnap.io

↑箸が使えないためしゃもじ...ではなくて木製のスプーンで炊き込みご飯を食べる人。

では、日本の標準的な平たいしゃもじは英語で何と表現すればいいのでしょうか? それは、今回見つかった訳語の中で残された rice paddlerice spatulashamoji のどれかです。

残念ながら shamoji という日本での呼び名は英語圏ではまだ知名度が相当低く、使えるとしてもスプーン型のしゃもじにも該当する表現のため、平たいしゃもじには rice paddlerice spatula を使うのがいいでしょう。個人的には paddle (カヌーなどに使う「かい」) のほうが spatula (へら) よりも形状的に近いと思います(英語版ウィキペディアの『Shamoji』のページでもしゃもじのことを rice paddle と表現しています)。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回説明した「しゃもじ」の英語訳の意味の違いが多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

もし友達などから「しゃもじって英語で何て言うの?」と聞かれたら、まずは「どこの国のどんな形のしゃもじなの?」と聞き返すようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました