#87 「ときどき」の英語は本当に sometimes?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第87回は「ときどき」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Chanikarn Thongsupa / Rawpixel.com

↑「勝つときもあれば、(負けて) 学ぶときもある」。"Sometimes you win" だけなら「ときどき勝つ」?


まず、今回取り上げる「ときどき」とは、「人の気持ちはその時々で変わる」のような場合の「時々」ではなく、「ときどき会社に遅刻する」のような場合の「ときどき」です(以降でもひらがなを使います)。

では、まずオンライン和英辞書や英語学習サイトで「ときどき」はどう英語に訳されているのでしょうか?
見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「ときどき」
インターネット上の主な英語訳
1. at times
2. (every) now and then

3. from time to time
4. occasionally
5. once in a while
6. sometimes
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
CUERBO(辞書)
DMM英会話なんてuKnow?
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
goo(辞書)
Imagict(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
Reverso Context(辞書)
東京外国語大学言語モジュール
weblio(辞書)

WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「ときどき 英語」「時々 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、主に6つの訳語が見つかりました。この中で一番多かったのは「ときどき」の英語として最も知られている sometimes です。この単語は本当に「ときどき」という意味なのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトで説明が見られなかったこの単語の解釈の違いも含め、「ときどき」の英語について分かりやすく説明します。

広告

「ときどき」は本当に50%程度?

まず、今回訳語が見つかった辞書・サイトのうち1つの辞書が sometimes を「50%くらいの頻度」と補足しており、頻度の英語表現について説明したいくつかのウェブサイトでも sometimes の割合は「50%」で日本語は「ときどき」になっています。「ときどき」は本当に50%程度なのでしょうか?

例えば、「ときどき会社に遅刻する」と言われたら普通は多くても(週5日勤務で)週1日程度の遅刻だと思うのではないでしょうか? 月1~2回くらいだけ遅刻する人でも「ときどき遅刻する」と表現して違和感はないため、人や状況によって「ときどき」の頻度は変わるものの、「50%程度」は少し高すぎる気がします。

loreanto / Shutterstock.com

↑「あたし、ときどき会社に遅刻しちゃうんだ...」「えっ? 週2~3日も遅刻するなんてダメじゃない」

頻度を表す主な英語表現

さて、頻度の英語表現について説明したいくつかのウェブサイトでは、次のような順で頻度が少なくなっていくと説明されています(分かりやすいよう主な表現だけを載せています)。

1. always - いつも (100%)
2. almost always, nearly always - ほぼいつも
3. normally, usually - 普通は、普段は
4. frequently, often - 頻繁に、よく
5. sometimes - ときどき (50%?)
6. occasionally - たまに
7. rarely, seldom - めったにない
8. hardly ever - ほとんどない
9. never - 全くない (0%)

この中で確実に%で表せるのは、always の100%と never の0%だけです。他の頻度の%は説明する人によって違うため載せませんでしたが、そもそも数値よりも「普段は」「たまに」「ほとんどない」など言葉で表すほうが頻度をイメージしやすいと思います。また、この9段階の間隔は均等ではないため、仮に%で表すとしても例えば normallyusually が75%で rarelyseldom が25%ということではありません。

Sometimes は本当に50%程度?

では、sometimes は本当に50%程度なのでしょうか? これは、「するときもあれば、しないときもある」という意味の "Sometimes I do, sometimes I don't" という文を考えると分かりやすいと思います。この2つの sometimes を例えば often に変えると、「よくするし、よくしない」となって意味が成立しないのが分かるでしょうか?(上の9段階が正しければ、する割合としない割合の合計が100%を超えてしまいます)

この "____ I do, ____ I don't" という文を成立させられるのは sometimes だけですが、"Sometimes I do, sometimes I don't" という文は「する/しない」の割合が半々とは限らず、単に「絶対にしないわけではないが、毎回するわけでもない」というどれくらいの頻度か不明な表現のため、「平均で50%」と考えるほうがいいのです(この場合は「する/しない」の2択ですが、3択以上になれば平均の%は下がります)。

Rawpixel / Rawpixel.com

↑「ねえ、いつもイタリアンなの?」「いや、フレンチのときもあるし、中華のときもあるし、和食のときもあるよ」

冒頭の写真の "Sometimes you win, sometimes you learn" も「勝つときもあれば、(負けて) 学ぶときもある」という「勝ち/負け」の2択のため、この文の sometimes も「平均で50%」と考えることができます。ただ、50%という高い割合を「ときどき」という日本語で表していいのでしょうか? もしかすると、この場合の「ときどき」とは「~ときもあれば、~ときもある」を合わせた「ときどき」なのかもしれません。

Sometimes はどれくらいの頻度と解釈されるのが普通?

さて、次は "I'm sometimes late for work" (ときどき会社に遅刻する) のように sometimes を1つだけ使う場合ですが、ネイティブスピーカーはこの sometimes をどれくらいの頻度と考えるのでしょうか?

50%程度と言う人、occasionally と同じと言う人、quite often (結構よくある) くらいだと言う人、めったにないかもしれないし頻繁にあるかもしれないと言う人など、人によって意見が結構違うものの、often より少なく occasionally または rarely より多いと考える人が多数派のようです。

そもそも、some は何らかの理由でその頻度や数を明確にしたくない(またはどれくらいか分からない)ときに使う表現で、例えば "Some people disagree" (何人かが反対している) と言われたら、「Many people と言わない(言えない)ということは、反対している人は多くないんだな」と推測できるわけです。

また、例えば本を1冊だけ買った場合でも数を明確にしたくなければ "I bought some books" と表現できたり、極端な例では「~することある?」と聞かれて全くないのに "Sometimes" とごまかすこともできます。つまり、some は「多くはない」と推測できるものの、実際にはどれくらいか分からない表現なのです。

Dragon Images / Shutterstock.com

↑アンケートの回答選択肢の例。occasionally がないため、この場合は sometimes が occasionally 程度の頻度も含んでいると考えることもできれば、sometimes も occasionally も同じ程度の頻度と見なされていると考えることもできる。

結局「ときどき」は英語で何と言う?

ここまで読むと、sometimes を1つだけ使う文の場合は「多くはないけれどめったになくもない」(often より少なく rarely より多い) くらいの頻度を意味することが分かると思います。実際、今回見つかった訳語のうち once in a while 以外はどれも同じくらいの頻度と考える人が多いようです。

ただ、「ときどき」という日本語が50%よりもっと少ない頻度を意味するのに対し、sometimes は50%程度やそれ以上の場合もあると考える人もいることから、「ときどき」と sometimes の頻度はかなり違う場合があると覚えておくのがいいでしょう。つまり、「たまに~ときどき」あたりの頻度には occasionally や from time to time を使うほうがいいということです(occasionally は少し硬い響きがあります)。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか?「ときどき」の sometimes を「50%くらいの頻度」と補足しているオンライン和英辞書は、誤解を招かないよう多少説明を加える必要があるでしょう。

このブログを「ときどき」しか読んでいない方は、もう少し頻度を増やすと他にもいろいろな発見があるかもしれません。