#94 「対象者」は英語で何と言う?

オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。
第94回は「対象者」の英語についてです。

注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。また、以下の内容はアメリカとイギリス以外の英語圏には該当しない場合があります。

Teddy Rawpixel / Rawpixel.com

↑左の人が「対象者」。さて英語では何と言う?


まず、オンライン和英辞書や英語学習サイトで「対象者」はどう英語に訳されているのでしょうか?

見つかった主な訳語とその訳語を載せた辞書・サイトをそれぞれアルファベット順に記載します。

広告
「対象者」
インターネット上の主な英語訳
1. eligible applicant(s)
2. eligible person
3. object person
4. person eligible
5. subject
6. target group
7. target persons
訳語が見つかった辞書・サイト
bab.la(辞書)
英辞郎 on the WEB(辞書)
Glosbe(辞書)
実用・現代用語和英辞典(辞書)
Linguee(辞書)
教えて!goo
音楽療法かけはしの会

Reverso Context(辞書)
weblio(辞書)
WebSaru(辞書)
※主なオンライン和英辞書とGoogle検索結果(キーワード:「対象者 英語」)の1ページ目に表示されたサイトを中心に調べています(◎本日以降に該当ページの内容が更新されている可能性があります)。検索語単体の英語訳の正誤を確認するのが目的のため、検索語を含むフレーズや例文などは調べていません。

ご覧のとおり、主に7つの訳語が見つかりました。これらは eligiblesubject/objecttarget という3つのグループに分けることができます。それぞれどのような意味での「対象者」なのでしょうか?

以下では、今回調べた辞書・サイトが載せていなかった情報や表現も含め、「対象者」の英語について分かりやすく説明します。

広告
広告

Eligible

まず、eligible という形容詞は「適格である」や「~する資格がある (※取得する資格のことではなく条件を満たしていること)」という意味のため、eligible personperson eligible (person who is eligible の略) は「適格者という意味での「対象者」になります。「者」は複数人を意味する場合もあるため、複数名の適格者であれば person を複数形(通常は persons ではなく people)に変える必要があります。

また、例えば「参加する資格のある人」という意味で「対象者」とされている場合は、person/people を使わず eligible と participant (参加者) を合わせて eligible participant(s) と表現できます。同じく上の訳語に含まれている eligible applicant(s) は「応募/志願する資格のある人」を意味します(ただし文脈によってこれらの表現は何か別の条件を満たしている参加者/応募者/志願者という意味にもなり得ます)。

eligible は「適格者」という名詞としても使えますが、普通の会話や文章では先ほどの person (who is) eligible または(複数人であれば)people (who are) eligible や those (who are) eligible と表現するほうが自然に感じられるでしょう。なお、eligible の逆は ineligible になります。

Subject, Object

subjectobject は文法の話であればそれぞれ「主語」と「目的語」になりますが、「対象者」として使う場合は「実験や研究の対象となる人」を意味します。この分野について詳しくありませんが、臨床試験の対象である被験者は subject(s) と呼ぶのが普通だと思います。

Image Point Fr / Shutterstock.com

↑「私はあなた方の target なのですね...」「あなたは subject だから安心してちょうだい」

Target

さて、日本語でも「ターゲット」と表現されることが多い target「標的」「目標」を意味します。「対象者」としてこの単語を使う場合はもちろん「標的」の意味であり、例えば製品を開発する際にメーカーはどのような人たちを対象とするか考えると思いますが、その人たちを target という単語を使って表します。

今回見つかった訳語には target group (対象集団) と target persons (対象者たち) が含まれていますが、対象ユーザーであれば target users、ターゲット客/消費者は target customers/consumers や target audience と表現できます(「聴衆」などを意味する audience は単数形で多くの人たちを指します)。

また、開発中の製品やサービスを消費者に評価してもらう市場調査では、例えば「20代~40代の男女で週1回以上○○する人」のような条件に当てはまる調査対象者のことを target population (標的とする母集団) と表現します。この場合は「標的」という意味での対象者ですが、「調査に参加する資格のある人」という意味での対象者であれば先ほどの eligible participant(s) になります。

Bakhtiar Zein / Shutterstock.com

↑標的とする母集団 (target population) の中から一定数をサンプルとして抽出し、その中でさらに細かい条件をクリアした人たちだけが実際の調査に参加できる適格者 (eligible participants) となる。

本当に「対象者」?

さて、日本語では「対象者」でも英語では eligibletarget を使わないほうがいい場合もあります。

今説明したような調査の場合、適格者だけが選ばれた段階以降はもう「非対象者」は1人もいないため、調査参加者のことを「対象者」と呼ぶのは違和感があります(日本の市場調査業界ではそう呼び続けてしまう人も多いですが)。この場合、英語では単に participant(s) (参加者) や respondent(s) (回答者) と表現します。

同じく先ほどの eligible applicant(s) (応募/志願する資格のある人) も単に applicant(s) (応募者/志願者) と表現するほうが適切な場合があるでしょう。

Candidate

最後に、今回調べた辞書・サイトが載せていなかった candidate も「対象者」として使えます。この単語は「候補者」を意味するため、例えばリストラの対象(候補)となっている人たちは candidates for layoffs や layoff candidates と表現できます。

このように日本語では同じ「対象者」という言葉を適格者や標的から候補者まで幅広く使えるのに対し、英語ではどのような意味での対象者なのかによって使う単語が違ってくるため注意が必要です。

以上、お役に立てる内容だったでしょうか? 今回の説明に出てきた people/those eligible、target population、candidate なども「対象者」の英語として多くのオンライン和英辞書に載ることを期待したいと思います。

現在何かの「対象者」となっている方は、それが良いことの対象であることを願いたいと思います...

タイトルとURLをコピーしました